住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

コロナ自粛中でも、鍼灸施術を受けてもいいの?

緊急事態宣言が、段階的に解除されていっています。

それに伴い、うちの治療院の予約もポツポツと入るようになってきました

(4月と5月の鍼灸の予約はマジでめっちゃ少なくなってた)

 

GW明けたぐらいから感じていた、世間の皆様の自粛疲れ。

そして、誰もが経験したことのないこの窮屈な生活によるストレスが

そろそろ限界を迎えているんだなーということなんでしょう。

 

不要不急の外出を控えて!っていう国からのお触れに対して、

鍼灸治療を受けること」というのは制限される事由ではありませんでした。

 

スーパーに行って食料品を買ったり

美容院に行って髪の毛をととのえることと同じぐらい

鍼灸治療院で鍼灸施術を受けることは大事で、生活に必要な行為だという分類です。

だからこそ、自粛要請対象にはなりませんでした。

 

ただここで、「鍼灸ってどんなときに受けるん?」ということを考えてみると

もしかしたらわたしが鍼灸を受ける理由は不要不急かもしれないわ、という人も

一定数いるのではないかと。

 

 

鍼灸を受けている人の理由を、緊急度が高い低いに分けてみると

たとえば「ぎっくり腰で歩けない!」は緊急性が高いです。

整形外科に行こうにもそもそも歩けませんから、早急に鍼をして少しでも

動けるようにする必要があります。

こういう場合は、コロナだろうがなんだろうが、自信をもって施術を受けられるケース。

 

つぎに、「なんかわからんけどしんどい」

これは、緊急ではないかもしれないけど、けっこう不調を感じながら生活しているため、いろんな不具合が起こっていると想像されます。

子どもと接するときにもう顔が真顔にしかなれなかったり、夫の自由な行動にイラついて、夫婦仲がぎくしゃくしたり。これって、自分に余裕がない証拠ですから。

こういうのは、やっぱりコロナであっても、いやむしろコロナの渦中にいるからこそよけいに、早めに解決したい。なのでこれまた自信をもって施術を受けてほしいケース。

 

つぎに、「しんどくないけど鍼受けたい」

これ、鍼を受けたことない人にはまったく共感してもらないかもしれない(笑)

でも、長く鍼灸を受けている人にはたぶんわかってもらえる。

欲するんですよ、身体が。鍼灸を。

これはつまり、身体の恒常性(ホメオスタシスといいます)が、正常に働いていて、

体が不調に傾きそうになる感覚を早めに察知できているということだと思うんですね。

 

緊急性はめちゃめちゃ低い。だけど、鍼を受けたい動機としては充分なんです。だってたぶん、この時期を逃して頑張りすぎると、このあとにガタっと体調くずすんだろうなーって、経験からわかってるから。

この時期にプロの鍼灸を受けてくれる、あるいはセルフケアでなんとか自分の養生をしてくれる人が多ければ、病院行く人なんてほんと減ります。

 

ということで、実はこの段階の人も、自信もって鍼灸受けてほしいんです。

 

 

なんや、けっきょく全部、鍼灸受けてほしいんやん!

てかんじなんですけど、そのとおりです。

鍼灸施術を受けたい理由は、その緊急性の高低に関わらず、

不要不急にはあたらないということを身を持って実感したかんじ。

 

健康になる、って目的じゃないですから。

やったー!健康になったね!はい解散!!てことじゃなくて

健康になったらできることってなに?健康でいることで手に入れられる生活ってどんなん?ってことなんですよね。

 

たとえば願いが、「旅行がすきだから年に2回は絶対にいく!」だったとしたら

そのためのお金を稼がないといけない。てことは元気に働ける身体が必要。

旅行のときに必ず乗り物酔いしちゃうなら、乗り物酔いしにくい体もほしいですよね。

 

そういったときに、

日々、頭痛に悩まされずに生活できる身体、

夜中に何度も目覚めずにぐっすり眠れる身体、

生理のたびに鎮痛剤を飲まなくても快適に過ごせる身体、

そんな身体なら、「元気に働いてよくあそぶ」っていう目標を達成しやすいわけです。

 

つまり健康は、目的ではなくて手段のひとつ

 

あなたが望む生活を手に入れるために、上手に鍼灸を取り入れてほしいんですよね。

 

みんな、自粛してて、ほんとにえらい。

鍼灸受けたいのに我慢してて、ほんとにえらい!笑

しんどかったよね、でも全然我慢しなくていいからね。

 

受けたい!と思ったときにはぜんぜん気にせず予約してくださいね(*^-^*)

 

とりあえず、子どもたちの学校や幼稚園がどうなるのか…ってとこだけは

先が見えないですけれども。わたしもなんとか施術日を確保してやっていきます!

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200520145002j:plain