住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

春に起こりやすい不調と、その解消法

少しずつ寒さがゆるんでくる日々。

風は冷たいけれど、あぁ春だなぁって感じられますよね。

 

毎日を楽しく、元気に過ごすためには「季節のうつりかわり」をしっかり

感じることが大事で。

 

それは、お花が咲いたなぁとか、虫が活発に動き出したぞ!とかいう

生命全体としてのエネルギーの変化もそうなのですが、

もっと身近に、自分の身体と心に起こっている変化としてとらえること。

 

 

最近こんなことありませんか?

と患者さんに尋ねると、「あるある!!」って返ってきます。

人間はみんな、自然の中に生きていて、自然の変化の影響を受けるから

みんなけっこう「春」の不調が出てるんですよね。

 

 

季節に応じた、春の養生。

今の時期はどんなことが起こりやすいのか、どう対策すればいいのか、

きょうは春について書いていきたいと思います。

 

 

 

【宣伝】えみすけ動画始めました


【春に起こりやすい不調と、理想的な過ごし方】

 

5分ぐらいの動画です。

 

が、わたし自身こういうブログに動画がはさまっててもほぼ見ません。

文字で書けや。と思うタイプ。(ほな貼るなよ)

なので文字で書いていきます。

 

ただ、実際に話すことで伝わりやすいもの(ジェスチャー含む)も

あるとおもうので、もしよかったら見てもらえるとうれしいです^^

 

 

春ってどんな季節なん?

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200326093759p:plain

春は、物事が「生まれる」エネルギーが強くはたらくとき。

それまで止まっていたものが動き出すイメージです。

 

そして春のいちばんの特徴は「風」が吹くこと。

風って、そよ風みたいにくすぐったくて心地よいものもあれば

人の心をざわざわと搔き乱す、迷惑なものもあるんですよね。

 

風の特徴は以下の5つ。

 

①体の上部や表面に影響がでやすい

風は、ふわっとしていて、上にあがりやすいです。

そのため、春に起こりやすい症状としては、

首の寝違え、鼻血、吹き出物などなどがあります。

 

こういう症状がでたら、

あーー身体は何かを外に出そうとしてるんだなーと理解します。

 

 

②コロコロ変わる

風って、あちこちに吹くので、

昨日はここが調子悪かったのに今日はこっちがしんどい!

なんてことがよくあります。

 

もうこれわたし、全身不調なのでは?!って落ち込んじゃいますけど、

それも春風がもつ「変わりやすさ」のせいなので安心してね。

 

 

③すっごい動く

じっとしていられないのが春。とにかく動きたくなります。

だから、筋肉のひきつりや痙攣、目も動いてしまえばめまいなんかも起こりやすくなります。ぎっくり腰やぎっくり背中など、筋肉が急にイテテ!てなるのも特徴。

 

あとは、こどもをみてるとわかりやすいですが、多動・多弁になります。

無駄に手を動かして何かを倒しちゃった利、ジュースこぼしたり、

もーーーーーちょっと静かにしぃや!と言いたくなるほど歌ったり踊ったり。

 

これも春。

 

 

④悪そうなやつはだいたい友達

意味がわからないですね、ごめんなさい笑

風は、実はそれ自体はそんなに悪い奴じゃなくて、身体にそこまで

影響がないことも多いです。

 

でも、一度身体に入ると、そこからどんどん悪いお友達を連れてきてしまうというか

他の悪い奴と結びつくことで真価を発揮するんですよね。

 

 

 

⑤精神的にも影響がある

風は、身体の臓腑のひとつである「肝」と深く結びついています。

この肝の動きが悪くなると、2種類の反応がでまして・・・

ひとつは、めっちゃイライラしやすくなる。興奮しやすくなる。

もうひとつは、すっごい落ち込みやすくなる。無気力になる。

 

これどっちもつらいですよね……でも、それが春。

わたしが不安定なのは、春の風のせいだ!って割り切ってください。

 

 

じゃあ「風」を身体に入れなければいいんじゃん?て思うでしょ?

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200326102256j:plain

ここまで書いてくると、勘のいい人はもうきっと気づいているかもしれません。

春に不調を起こさないためには、

「身体に風をいれなければいいんじゃない?!」

 

わああい!大正解です!

 

そのために、やっぱり首を守ることが大事。

ちょっとあったかくなったからといって、首元が大きくあいたファッションは

簡単に風の影響を受けてしまいます。

 

首の後ろやえりあしのところが寒くなりすぎないように

髪型やストールなどで、うまく首を守ってくださいね。

 

あとは、↑の写真のように、背中にお灸をするのもおすすめではありますが

これは自分ではできないので、あくまでも誰かやさしいひとが

近くにいる場合限定の対策ですw

 

しっかり首を守って、冷やしすぎないように気をつければ

風は体に入ってこない!

・・・というわけでもないんです、実は。

 

なんと、風は、身体の中でも勝手に生まれることがあります(´;ω;`)

こわい!!

 

 

それは、どんなときかというと・・・

身体の中の栄養(=血といいます)が足りなくなったとき!です。

 

 

なので、防御も大事だけど、同時にちゃんと栄養を摂取して

身体が毎日栄養を作れるような環境に整えておくことも大事なんですね。

 

 

外側を守って防ぐことも、内側を整えて備えておくことも、どちらも必要。

これ養生の基本です。

 

 

風は、動かして発散させよう

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200326103054j:plain

春に、元気で過ごすためには、

風のもつ習性に素直にしたがって「身体を動かす」ことです。

 

お外に出て、元気にあそぶ。

胸につまったモヤモヤを、しっかり口に出して伝える。

じっとして、何も変えない…ではなく、状況を動かしてみる。

 

これらのことを実践していると、たいていは元気になってきます。

 

いまは、新型コロナウイルスの影響で、

外に出たくてもあんまり出られない状況がつづいているために

より一層、不調を起こしている人たちが多いと感じています;;

 

 

でも、おうちで運動できるトランポリンの購入を検討している人がいたり

自宅にいながらオンラインで受講できるエクササイズを検討してくれる人がいたり

Webで意見交換会ができていたりと

 

状況に合わせてアイデアを工夫してくれる人たちもいます。

 

できないことや制約が多い中でも、なんとか知恵を出し合って

前向きに行動される人たちをみていると

人間ってつよいなあ、と感動してしまいます^^

 

 

 

ということで、今回は、

春に起こりやすい不調と、その解消法をお伝えしました。

 

みんなたくさん動いて、しゃべって、明るい気持ちで日々を乗り切れたら

うれしいです(*^_^*)

もし、もしよかったら動画もみてくださいっ(宣伝)