住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

カンフーの先生が鍼灸を受けにきてくれたお話

今日は、鍼灸師の「奥さん」が施術を受けにきてくださいました。

 

いままで何名かの同業の方が来られましたが、


奥さんは「中医学をバリバリにやっている」という方でしたので

わたしと治療の類似点もたくさんあるかも✨
というようなことを事前にお話していたんですよね。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200109165405j:plain

手前の笑顔が素敵な男性が奥さん。(後ろであほみたいな顔してるのがえみすけ)

 

一度、飲み会でご一緒させていただいたのですが、
なんと彼はカンフーの先生。道場もされています。

https://siutiest.wixsite.com/gyokendo

 

身体の使い方がとってもきれいで、所作が美しいこと、この上ない。

体の軸がしっかりしているというのは、こういうことなのかぁと実感しました。

 

 

奥さんは、毎日運動を欠かしていなくて、毎日自分で鍼もされているので

正直、「今日どっか治療するとこあるんかな?」的な健康的なお体でした笑

 

それでも、治療を受けに来てくださったことに感謝(´;ω;`)

 

施術前、首を後ろにたおしたときにちょっとつまる感じがある、ということで

それを主訴として治療をスタートしました。

 

 

雑談をまじえながら、施術はすすみ…

治療後にもう一度首を後ろにたおしてもらったところ、

「あ、全部通りましたね。すごい」

って言っていただけたので、一安心(笑)

 

奥さんほど、身体の細かい部分にも意識を向けられている方は、

ほんとに微細なつまり感もきっと見逃さないとおもうので

これでだめなら、まだあそこを足そうかなぁとか考えてました。

 

なんとかストレートに治療効果が出せて、よかったです( ;∀;)

 

 

治療が終わった後、奥さんが壁に目を向けて一言。

「これ、素敵な絵ですね」

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200109200610j:plain

これは、長崎はりきゅう接骨院を開業するときに

わたしに友人たちが贈ってくれたものでした。

 

イラストレーターのdaiさんが、

「親子で通えるあたたかい接骨院」という文字からイメージをふくらませてくださって

このためだけに描いてくれた、素敵な作品。

裏には、友人たちからの直筆の応援メッセージつきです(´;ω;`)

 

絵描き daiさんの情報はこちらから

http://www.hitoariki.com/artist/39

 

 

そんな経緯を奥さんに説明すると、

「あぁ、だからこんなにあたたかい気が流れてるんですね。

すごく、この絵の雰囲気と、ここの場の気がマッチしてるなぁと思って。

素敵だなあと思って思わず見入ってしまいました」って。

 

 

うちを訪れて下さった方は何人もいらっしゃるのですけど、

この絵をこんなふうに褒めて下さった方は初めてで。

しかも、ちゃんと、「あたたかい気」ってことに気づいてくださるあたり

 

もう、なんなの奥さん!すごい!すてき!!!

ってなりましたw

 

 

そのあとも、カンフーの型をおしえていただいたり、

お互いのいろいろなお話をしたりして、あっという間に時間が過ぎ、

次の診療の予約時間となりました。

(一応、奥さんの枠はちょっと長めに取ってた)

 

その時に言っていただいた言葉のなかで、とっても印象的だったのは

 

「すごくバランスのいい方なんだなぁと思いました」というお言葉。

 

 

「えみすけさんのところって、いろいろな方が来られるじゃないですか。

学生さんもそうだし。

そういうの、キャラクター性なのかな、って思ってたんですけど…

 

やっぱり今日お会いして、なんとなくわかったような気がします。

 

えみすけさんて、常に相手のことを考えてらっしゃるんですよね。

視点が相手目線だから、ものすごく、包まれてるかんじがする。

どこを包もうかな、みたいな、こう、ふわっとした感覚があるんです。

 

でも、それでいて、動作に入ると途端にロジックになる。

トントントンッ!…と、いきますよね。それがすごくおもしろいなって。

ギャップといいますか、その、ふわふわっとしたものからの変化が

すごく自然で。

 

だからとても、バランス感覚に優れた方なんだなと思います。

それ全体で、えみすけさんのキャラクターなんですね」

 

 

もう、なんかね、わたしおはなしきいてて

嬉しくてうれしくて。

 

奥さんは、「カンフーは感覚なんです」とおっしゃるとおり、

身体が感じる感覚というものをとても大事にしておられる方。

 

そんな方に、わたしのあれこれを、これだけ感じ取っていただけて

しかもそれを表現してもらえるのがありがたくって。

 

 

奥さんが、お話の中で

「選ばなかった職業って、陰陽の対になってるんですよね」っておっしゃってて

ほう!なるほど興味深い!!ってなりまして。

 

というのも、いまわたしは鍼灸師としてお仕事をしてるのですが

「進路として選ばなかった職業」のことをそこまで深く考えたことはなかったんです。

 

でも、とある鍼灸学生さんの音声配信を聴いて、

ちょっと自分と似てるなぁって思ったお話をしてて…

 

 

↑こちら、鍼灸学生さんのspoonです。

めっちゃ素敵なお話だったので、ぜひきいてみてください♪

 

こちらの音声配信では、学生さんがもともと「心理カウンセラーを目指していた」

という内容がでてくるのですが、

実はわたしも、もともとは心理学に興味があって、

大学時代は臨床心理学科を専攻していたんですね。

 

けっきょく、カウンセリングよりも鍼灸のほうがおもしろそうだったから

大学のあとにまた専門学校にいく、という経緯をたどるんですけども…

 

鍼灸施術をしていても、患者さんの心の状態に変化を与える、という点において

共通点があるんですよね。

 

カウンセリングは言葉で、

鍼灸は鍼とお灸で、

それぞれ心をほぐしていく。

 

わたしは、臨床心理学の道を選ばなかったけど、

結局いまも似たようなことをやりたいんやなぁと、それも陰陽なんやなぁと

きょう改めて思いました(*^-^*)

 

 

こんなうれしいメッセージもいただきました♪⇓

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20200109205918p:plain

 

飲み会前のウコンは大事です。(惨事を防げる・・・)

 

 

ツイートも!

ありがとうございましたっ(*^-^*)

 

ほんまにカンフー習いにいきたいなぁぁ