住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

【セミナーレポ】1215.えみすけ小児はりセミナー

12月15日(日)、大阪の北浜にて小児はりセミナーを開催しました。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20191231162414j:plain

 

今回は、前回10月に開催したセミナーでのアンケート結果を踏まえて

実技にかなり重点を置いて、さらに症例報告をプラスしてみました。

 

今回も、しっかり振り返り、いってみましょう!

 

参加者さんのアンケート結果と次回への課題

16名の参加者様にセミナーの満足度を5段階評価でお伺いしたところ、


「たいへん満足」・・・13名
「やや満足」・・・3名

「ふつう」・・・0名

「やや不満」・・・0名

「たいへん不満」・・・0名

 

という結果でした!

 

ありがとうございます!!前回は「ふつう」もあったんだけど

満足だけになったのは個人的にとってもうれしい。

 

 

今回も、福岡、佐賀、香川、兵庫、三重、名古屋、東京などなど

大阪以外にもたくさんの場所からご参加いただけました(´;ω;`)

 

これは大変ありがたいことですが、

逆にいうと、全国規模での小児はりセミナー開催が

まだまだ活発ではないということですよね…。

 

小児はりを学びたい!ていう方と

小児はりの良さを伝えたい!という方が

もっともっとうまくマッチすればいいな。

 

小児はりをされてる先生、

ぜひぜひ講師業もやってくださいませーー!!

 

 

 

 

 でね、今回、わたしおもったんですよ。

小児はりのことを3時間でお伝えするのは無理ーー!!w

ということに。

 

実技をメインにすると、理論がうすくなる。

実技は実技で、ぜったい省けない。

 

もうこれ、6時間ぐらいかけてやらなあかんやつでは???

って素直に思いました。

 

 

ほんと半日かけてガッツリ!

ってぐらい必要なのかもです…

 

 

なので、もし次回があるとしたら、

もう少し時間設定が長めのものになるかも!

 

オープンチャットがかなりいい仕事してる件

今回も、前回と同じで、

セミナー参加者さん限定で参加できるオープンチャットを開設していました。

(LINEグループみたいなものです)

 

 

わたしは、いっしょに勉強をする仲間って大事だなっていつも思っていて

ひとりよりも、複数のほうが、学習効果も高いんじゃないかなって

感じてるんですよね。

 

特に小児はりは、お子さんを相手にする施術なわけですが

こどもってとっても正直。かつ好き嫌いが素直に出る。

 

なのでやっぱ、小児はりを施術する鍼灸師に求められる資質の一つに

コミュニケーション能力があると思うのですよ。(いささか強引?w)

 

 

ふつう、セミナーって

当日まで、自分の他に誰が参加するかはわからないですよね。

 

でも、えみすけセミナーは、参加者さんも仲良くなってほしいから

セミナー前の一か月ぐらいから運用を開始しました。

 

 

セミナー当日までにみんながちょっとだけでも名前を覚えたり

会話できたらいいなーって思って。

 

 

でも結果、すごくよかった!というお声が多くて。

セミナーより前にも、わたしが小児はりの症例をシェアしたり、

当日の実技の動画を誰かが撮ってくれていて、それを共有できたり

ひとりひとりへのフィードバックをオプチャで行えたり。

 

フィードバックに関しては、アンケートに

「その場でもらえたほうがよかった」

というものあったのですが(すみません(´;ω;`))

 

やはり実技は、全員のものをみてからフィードバックしないと、

後にやる人が有利になってしまうんですよね…。

 

その人の今の現状を見たかったので、わたしとしては、後日オプチャで

ひとりひとり言えたのはとてもありがたかったです。

 

 

皆様からのご感想はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー後も、参加者さん同士で交流されてるのを見ると

わたしもとっても嬉しかったです✨

 

横のつながりが増えるのって大事。

せっかく同じ日に同じことを学んだんだもの!

なにかのご縁があるはずですよね♪ 

 

えみすけ小児はりセミナーを受けた皆様の行動

 

皆さんのツイートをひろってみました。 

 

 

なんと、初めて小児はりのご予約がまいこんだ方も・・!

 

実際にお子さんに施術してくれて嬉しすぎ(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

この、実技フィードバックに関しては、

わたし自身本当に勉強になりました。

むしろわたしが一番得をしたと思ってます、まじで笑

わたしが一番レベルアップした自負がありますので皆様には感謝しかありません!

 

自分で無意識にしていることって、言語化しにくいのです。

だって無意識なんだもんw

 

だからこそ、人との違いに意識をむけることで

「あ、わたしならこうするな」とか

「そうか、わたしは普段ここに気をつけてるんだ」ってひとつひとつ

実感できました。

 

16人の施術を一気に見られることってなかなかないので、

この実技はよかったなぁって改めて思います。

 

これは次回もぜひやっていきたい内容ですね♪ 

 

 

あ、ちなみに…

実技モデルになってくれた女の子のお子様。

実技のあと、すやすやお昼寝してくれたみたいです♡

 

 

翌日、ユニコさんの社内で、ちょっとだけ褒められたみたいです、わたしw

やったねヘイヘイ笑

 

2020年 えみすけの小児はりへの取り組み方

実は、昨年10月、日本小児はり学会 学術集会で

一般口演の部で発表させていただいたんですね。

 

そのときの発表は、まぁかいつまんで言うと

「小児はり、たのしいで~!!」

ってことをみんなもっと伝えていこ!みたいなかんじなんですね。

 

 

小児はりのセミナーは、たくさんの先生がされているとは思いますが

やっぱりセミナー後の参加者さんの笑顔とか

「はやくこれできるようになりたい…!」ていうわくわく感とか

そういうの、ほんと素敵だなって毎回おもってて。

 

わたしの力はわずかであっても、

少しずつ小児はりに関わらせていただくことで

「小児はりを学びたい!」

「小児はりへの不安が解消された!」

「小児はりって最高やん!」

と思う鍼灸師さんが増えてほしい。

 

そして、

 

「自信がないからできない」

「知識がないからなかなか患者さんを呼べない」

「いつかはやろうと思ってるけど、今じゃない」

 

 みたいな方々に、

「いやいや、とりあえず、今やろう!w」

って言いたいです(*^-^*)

 

やってからわかることっていっぱいあるし、

知識と技術は車の両輪ですから。

 

 

手と口と頭は、同時に動かすもの。

知識だけ入れててももったいないです!

 

聞いたら即実践!できるように、

【行動できない】マインドブロックははずしていけたらいいなあ。

 

 

たとえば…

規模はちいさめで、無料小児はり体験会をわたしが企画して、

そこに施術者として【小児はり施術をまだしたことない人】を

呼ぶとか( *´艸`)

 

これ、めっちゃ自信になるとおもうんですよねーー。

 

だれか興味あるかな。きいてみよかなw

 

 

 

そんなこんなで、

今年も一年、がっつり小児はりの普及・発展に尽力いたしますので

皆様よろしくお願いいたします('◇')ゞ