住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

【鍼灸学生さん向け】想いを文字にして、伝えるということ。

今日の記事は、

鍼灸学校の学生さんに読んでもらえたら嬉しいなーと思って書きました^^

 

 

 

先日、一通のメールをいただきまして。

 

差出人は、先月の鍼灸フェスタで、

わたしの小児はりブースに来てくださった方で、

とある鍼灸学校の学生さん(2年生)だったんですね。

 

フェスタでわたしとお話した際に興味をもってくださったようで

治療院を見学したい、という旨のメールでした。

 

 

こういうお声はとってもうれしいです。

以前もTwitter経由で見学を希望してくださった方もおられました。

 

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

↑記事のえりこ先生は、その後、当院でも働いてくださいましたし

ご縁って本当に、どこに転がっているかわからないなぁ~と思っております。

 

 

今回メールをくれた学生さんに、

「どうしてうちの院の見学を希望されたのですか」と質問をしてみたところ、

こんなお返事が返ってきました。

 

以下、ご本人の承諾を得て、本文をそのまま掲載させていただきます。

 

先生の治療院の見学を希望した理由はいくつかあります。


鍼灸フェスタでお会いした短い時間のなかで、
先生の柔らかな雰囲気(抽象的ですみません)と
何か鋭さを同時に感じました。


今までお会いしてお話できた女性の鍼灸師
先生のなかで初めてそのように感じました。


この先生は患者さまと言葉でどのように対話して、

治療中はどのように患者さまの体と対話するのか

見てみたいと思いました。
(かなり直感的に感じて、その次には口から

「見学させてください」という言葉が自動的に出てました)


これが見学を希望した一番大きな理由です。

 

また、治療を大人だけでなく子供に対しても行っている治療院の様子を

見学したいと思っていたこと、

女性の先生の治療中の様子(患者さまへの接し方や所作など)を

見学したいと思っていたことなども理由の1つです。

 

語彙力に乏しくあまりうまく伝えられてないかとは思いますが、

見学できるのをとても楽しみにしています!

 

 

そして迎えた見学当日。

お昼から夕方まで、ガッツリ見学していただけました。

 

 

おひとり、初めての患者様もおられたのですが

全員見学を受け入れてくださいました(´;ω;`)

お優しい患者様方に、本当に感謝いたします!!

 

 

そして後日、見学のご感想もいただけました。(掲載許可済)

 

先日はお忙しいなか、

治療院見学を受け入れてくださりありがとうございました。


また鍼操作に対する的確なアドバイスをくださったことについても、

重ねて御礼申し上げます。
(アドバイスいただいたことをイメージしながら私の体で練習しています!)

 

 

今回の見学中、先生が患者さまに問診しているあいだ

私も患者さまになったつもりで会話を聞いていたのですが、

とにかく安心感があるなと感じました。

 

初めていらっしゃった患者さまがドアを開けて入室されたとき、

顔に緊張感が表れてましたが先生との会話が始まり

数分で声のトーンが楽しそうな明るい感じに変化していたので

リラックスされてる様子が伝わってきました。

 

そしてその方が美容鍼を受けて帰られるときには

目の輝きが格段に良くなり、パッチリと開いた状態に変化していて、

うらやましくなりました(笑)

 

 

先生と患者さまのやりとりは

日常の何気ない出来事を話されてるように見えて、

それだけではなくうまく患者さまの状態を聞き出し

瞬時に色々なことを想定して会話を進めているんだなとわかりました。

 


会話中に患者さまが「あ、それでね~」とサラリと

体や心の変化や不調を伝えている姿を見て、

長崎先生との信頼関係が築けているからこそ

リラックスしつつも大切な情報を(少し話しにくいようなことでも)

教えていただけるんだなと思いました。

 


小さなお子さまもたぶん同様なんだろうなと推測しています。

おかあさんといっしょ、見たい~~」と言って

楽しそうにテレビを見ていたりお母さんに甘えに行ったりと、

自分の自宅にいるかのような感覚で

治療の時間を過ごされていたのが印象的でした。

 

先生の柔らかな印象が患者さまに与える効果は絶大だなと。

 


そして先生の滑なか手さばきによる治療は

圧を感じないうえに

患者さまからの信頼にも結びついているように見えました。


というわけで

今後の私の課題の1つに「滑らかさ」を加えたいと思います。

 

まだ他にもあるのですが、

かなりの長文となっていますので

特に印象に残ったこと感じたことのみを書きました。

 

最後に改めて
今回このような機会をいただき本当にありがとうございました。

 

もう、ほんとにしっかり書いていただけて、めちゃうれしいです。

 

 

 

こういったやりとりは内内でやれよ!てかんじかもしれないんですが

わたしは、やっぱ、

これ学生さんたちに伝えたいな!!って思ったんですよね。

 

 

学生のうちに、いろんなところに見学に行ったほうがいいですよー!

というメッセージ。

 

 

いやもちろん、見学は鍼灸師になってからでも全然遅くはないし、

わたしもまだまだ受けにいきたい治療院はたくさんありますが。

 

でもやっぱり学生さんのうちに行っておくのがいいなぁって思います。

時間もとりやすいし。 

 

 

卒後、どういった進路にすすまれるのかはわかりませんが

鍼灸師になったときに、「自分の軸」があるかどうかで

けっこう生きやすさが変わるかなって思ってて。

 

 

個人的な話をすれば、わたしは3年生のときに

「これだー!この人だー!!」っていう、

自分がついていきたい師を見つけてしまったんですよね。

だから一切迷わなかったんです。

 

 

鍼灸師としての在り方も

知識の身につけ方も

すべて、師匠から教わりました。

 

とても幸せなことだったと思うし、

後悔などはもちろん一ミクロンもありません。

 

 

が、

もしそういった師匠がみつかっていなくて

自分が鍼灸師としてどう生きるべきか、悩んでいる…

そんな学生さんがいたら

 

 

「こういうのはすき」

「こういうのはちょっと自分には合ってないな」

っていう素材をたくさん集めておいてほしいんですね。

 

 

きっと、それらは

あなたが卒業して、国家試験に合格したときに

今後の道しるべとなってくれるものだと思うんです。

 

 

たくさんの出会いや経験が、鍼灸師としてのあなたを創るのだと思います。

 

 

 

今回わたしは、メールをくれた学生さんに

 

「見学前に、志望動機を書いてもらうこと」

「見学の感想を書いてもらうこと」

 

この二つをお願いしました。

 

 

これはいわばアウトプットなんですが、

学生のうちからどんどん言語化してほしい!てのが願いです。

 

 

言葉にするのが苦手な方もおられるとは思うのですが

やっぱり文字にすることで

「あー自分ってこう思ってるんだ」とかに気づけますし

自分の中に落とし込めることも増える気がします。

 

 

見学に関して言えば、

見学には目的があったほうが楽しいし、

ただ漠然と見るよりも、ポイントをしぼって見学したほうが、より深い洞察になる。

 

 

そういう意味合いで、

見学に対しての志望動機をお伺いし、文章にしてもらいました。

 

 

自分の世界観を持っている人って、やっぱり魅力的にうつるんですよね。

学生でも、鍼灸師でも、開業してても、雇われていても、

その人「個人」の発信力って、身に着けたほうがよくて。

 

自分はこう考えている、というのはどんどん文字にしたほうが

良い状況を引き寄せられるのだと思っています。

 

 

 

そしてそして、見学してもらった側のわたしも、

フィードバックをもらえたら、もちろん嬉しいんですよね。

 

そうか、そんな風に見てもらえてるんだ!って身が引き締まるし、

学生さんはそこが不安なんだな、というのもわかるので

更なる問題解決への発信につなげることもできるようになります。

  

 

アンテナを張って、情報を取りに行く。

人としての感度を上げて、「すき」「きらい」を磨く。

誰かの所作を見て、自分に足りないものに気づく。

 

 

こういったことができる人は、一生勉強できる人なんじゃないかな。

 わたしもそんな人でありたいです(*^^*)

 

 

 

今回の学生さんのように、

そして、今までわたしに連絡してきてくださった方々のように

 少しの勇気ときっかけで、展開が動くことってありますよね。

 

 

鍼灸師さんの中には、

見学されることにあまり積極的でない先生もいらっしゃるけれど

 

少なくともわたしは全然ウェルカムですよ~!!

という意味での発信も込めてブログにしてみました。

 

 

 

もし、気になる鍼灸師さんがおられる方は

ぜひぜひ!連絡してみてくださいね(*^-^*)

 

みなさんの学校生活が、実りあるものになりますように…✨

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20190811082550j:plain

鍼灸師、たのしいよー!(*‘ω‘ *)