住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

インフルエンザについて思うこと

数日前、facebookのニュースフィードに

こんな投稿が流れてきました。

 

「インフルエンザの予防接種をした人がインフルに罹ると

その後、呼気(呼吸のときに吐き出した息)に

予防接種をしなかった人の6倍のインフルエンザウイルスが

含まれていることが明らかになった」

 

みたいな内容。

 

↓元ネタはこちら

ワクチンを接種した人たちは感染後、より大量のインフルエンザウイルスを周囲に撒き散らすことが判明 | ひとー人~shig/谷田茂

 

 

これを受けて、とある鍼灸師さんが

 

「インフルエンザの予防接種を受けると免疫力が落ちる。

製薬会社が儲かるだけ。医師たちは事実を隠蔽している」

 

みたいなことを発言していらっしゃいました。

この投稿は20件ほどシェアされていて、コメント欄も活発。

 

そこでわたしは、うーん???ってなったので

自分の考えを書いていきたいと思います。

 

 

 

そもそもインフルエンザってどうして感染するの?

厚生労働省が出している

「インフルエンザ一問一答」という冊子があるのですが

そこに掲載されている文章がこちら↓↓

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20190130145610p:plain

 

これによると、インフルエンザに感染する経路は

 

飛沫感染(咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込む)」か

接触感染(感染した人が触ったものを触り、その手で自分の鼻や口を触る)」

2つだということです。

 

 

インフルエンザは空気感染しません。

つまり、空気中にふわふわ漂っているウイルスを吸い込んでも

感染しないということです。

 

 

ちょうど一年前ぐらいに、こんな記事もあったようですが・・・

www.carenet.com

 

これに関しては、美容皮膚科のドクターが反論されています。

 

と、いうことは、元の論文にもあった

 

「インフルエンザの予防接種をした人がインフルに罹ると

その後、呼気(呼吸のときに吐き出した息)に

予防接種をしなかった人の6倍のインフルエンザウイルスが

含まれていることが明らかになった」

 

という部分。

ここだけ見るとなんとなく怖いですが、

 

空気中にウイルスが存在してたとしても、

それだけでは感染しないよー!ということが言えるので

実は怖くないんですね。

 

 

では、どうしてこんなにもインフルエンザは蔓延するのでしょう。

 

 

マスクをする必要があるのは誰?なんのためのマスク?

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20190131003107j:plain

先週のことなんですが、わたくし

長女の小学校入学説明会に行きました。

そしたらそこに来ているママさんたちのほとんどは

マスクをしていたんですよね。(わたしはしてなかった)

 

ここでひとつ注意しないといけないのが

マスクをしても、ウイルスによる感染を防ぐ効果は薄い

ということ。

 

 

マスクはあくまでも

インフルエンザに感染している人が

これ以上周りに広げないようにするためのものです。

 

 

マナーとして、感染者のマスク着用は必須レベル。

インフルエンザ陰性であっても、疑わしいなら必ずマスクをしましょうね。

 

感染の自覚がない方があちこちで咳・くしゃみをすると

それこそ感染が拡大します。

 

 えーーじゃあマスクしても意味ないの?

というと、そんなこともありません。

ちゃんと意味はあります。

 

ウイルスの侵入を防ぐ効果はあんまりありませんが、

マスクをすることで、のどの粘膜の乾燥を抑える効果があります。

 

のどの粘膜が乾燥すると、

そこに生えている「せん毛(もう)」という細胞の働きが悪くなって

ちゃんと異物を排除できなくなるので

結果、病気にかかりやすくなるんですね。

 

ということで、マスクは

インフルエンザに罹った人、怪しげな人は必ず着用するようにしましょう!

 

人の考え方は千差万別だけど・・・

予防接種や、ワクチンというものを否定する方々がいます。

 

冒頭でもありましたが、

「ワクチンは製薬会社や医者の金もうけ」や

「インフルエンザワクチンうっても無意味どころか、感染拡大する」

みたいな主張はちらほら見られます。

 

 

このあたりの考え方は人それぞれで、否定するものではありませんが

でも自分が医療者という立場であるならば、

患者さんに届けるまでに、情報の精査はぜったいに必要で。

 

 

今回のケースでいうなら、

インフルエンザが空気感染するかどうかを

もう少し調べたうえでの発言ならよかったのになあと思いました。

(調べてはったらすみません・・・)

 

 

SNSでは、わかりやすい情報が拡散されやすいし

伝言ゲームみたいに、もともとの情報とは間違って伝わることも多い。

 

一般の方ならともかく

医療者の立場である人たちが、

謝った知識を広めてしまってはいけないと思うのです。

 

ワクチンは、医療の発展とともに人間に与えられた大きな恩恵です。

よく効く、ということはおなじぐらい副作用がある、ということですが

デメリットよりもメリットが上回るからこそ、治療手段となりうる。

 

変な陰謀説はわたしは支持しません。

医師の中にも、そりゃあ悪い奴もいるかもしれないけど

そんなのは何の職業だっていっしょです。

 

インフルエンザ予防接種、受ける受けないは自由だけど

受けた方が感染を拡大させるよーとは、吹聴したくないかな。

 

けっきょく、インフルエンザの予防はどうすればいいの?

これに関しても、厚生労働省のページがわかりやすいです。

www.mhlw.go.jp

 

これによると、有効なインフルエンザの予防法は以下の5つ。

 

1.インフルエンザが流行する前に予防接種を受ける

 

予防接種のそもそもの目的は、

・発症を抑える

・重症化を防ぐ

の2つだと思います。

 

予防接種をすると100%かかりません!みたいなことはないですが

「罹患(りかん)」はしても「発症」はしない、という

大事な側面があります。

 

つまり、インフルエンザにたとえ感染していたとしても

重篤な症状が出なければオッケーなわけです。

ここでいう重篤とは、命の危険があるかないかなので

 

「予防接種したのに40度の熱が出てけっこうフラフラでしたけど?!」

みたいな方も、命は守られているわけです。

 

 

2. 外から帰ってきたら手を洗う

 

これはインフルエンザだけではなく、なんの予防でもそうですね。

流水・石けんでしっかり洗い、さらにアルコール製剤で手指を消毒すれば

さらに効果的です。

 

3. お部屋に加湿器を設置する

 

先程も書きましたが、のどの粘膜を乾燥させてはいけません。

室内の湿度のめやすは50~60%だそうです。

うちの夫は、寝る前に寝室に加湿器+濡れタオルをかけて寝てます。

 

一回、よかれと思ってそのタオルにペパーミントのアロマオイルをたらしたら

翌朝「スース―するからやめて」てクレームきましたのでおすすめしません。

 

 

4. 睡眠時間をしっかり確保して、バランスのとれたごはんを食べる

 

これももう基本中の基本です。

ついつい頑張りすぎちゃって、夜中までお仕事や勉強してたり

遅くまでテレビ観てたりして、睡眠不足になると

一気に疲れやすくなって、病気にもかかりやすくなります。

 

睡眠は、身体を守るためにいちばん大事。

夜更かしせずに、0時までにぐっすり眠りましょう。

 

あと、野菜もたんぱく質も脂質も、しっかり摂りましょうね。

糖質だけはちょっと控えめにすると体重的にもうれしいですよ。

 

  

5. 人が多いところには極力行かないようにする

 

これも大事。

もうどうしてもっていう用事以外は、避けてしまいましょう。

わたしはこないだ、子どもたちを連れてひらかたパークに行こうとして

夫に止められました。

「幼稚園の行事が終わるまではやめとき」と。ごもっともです。

 

なんかこれ書いてると、

わたしがものすごく危機管理のなってないアホのようですが

あながち間違ってないので何も言えません・・・。

 

うつらない、うつさない。

この意識がみんなあれば、少しは感染をくいとめられるかもしれません。

 

 

まとめ

この、予防のところが一番だいじなわけなんですが

正直、4のところは

鍼灸がめっちゃ貢献できるよなーって思います。

 

家族がインフルエンザにかかっても

全員うつるわけではないですよね。

インフルにかかる人は、やはり抵抗力が落ちている状態かもしれないのです。

 

良質な睡眠

快適なおつうじ

安定したメンタリティ

 

これらの調子を整えてくれるのが、鍼灸です。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20190131172132j:plain

 

たまーに、ちょっと鍼やお灸をしておくと

身体は強くなりますし

夜もぐっすり眠れるようになります。

 

 

身体の防御力を上げるのに

鍼灸はとってもおすすめなんです(*^^*)

セルフケアとしても、お灸、おすすめですっ。