住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

幼児の寒冷蕁麻疹対策におすすめの「小児はり」

今日、夕方に小児はりに来られたお子さんのママさんが

「最近、目の周りが赤くなるときがあって・・・」と

お話してくださいました。

 

「お外から帰ってきたあとに多いですか?」と聞くと

「あーそうかも。うちの中ではあんまりならないかな」とのこと。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20190121171616j:plain

(これはうちの次女。お弁当もってお散歩中)

 

公園であそんでいると目の周りが真っ赤になってきたとか

冷たい風に当たると皮膚が赤くなってきたとか

こういった症状は、冬によく聞かれる症状ですね。

 

 

もともと乾燥肌のお子さんに多いですが、

ひどくなると目の周りがパンダのように赤く腫れて

(パンダは黒ですけども)

まぶたが一重まぶたになる子もいます。

 

 

わたしは、これを

寒暖差によるアレルギーの一種だと考えています。

 

寒冷蕁麻疹、という名前のじんましんもありますね。

 

じんましんまでいかなくても、

赤く腫れるだけで親としては心配ですよね。

 

 

当院の小児はりでは、こういった症状があるとき

いつもの施術にプラスして

アレルギーに対しての施術を足していきます。

 

軽い程度なら、1回するだけで

「その後どうでしたか?」と聞くと

「あっ、あれから赤くなってないです~!」とお答えくださる方々も

おられます♪

 

体質的にアトピーがあるとか

ひどい乾燥肌のお子さんなんかは

もう少し続けて施術するほうが安心ですね。

 

 

今日のお子さんなんかは

「はい!おわったよー^^」と声をかけると

「もっかいやる」って言ってくれました(笑)

 

 

お子さんは小児はりの施術が大好きです。

 

 

ここにお子さんを通わせてくださるママさんたちは

おうちが遠い方々もいらっしゃるし

「ほんま寒い~!!」と言いながら入ってこられるので

 

ああ申し訳ないなあ・・・

もっとおうちの近くにいっぱい鍼灸院があればなぁ・・・と

思うことは多々あるのですが

 

まずは一組でも多くの親子にとって

心のやすらぎになれればいいなという想いをこめて

また明日もがんばります(*^-^*)

 

寒冷蕁麻疹についてはこちらもどうぞ↓

 

emisukeharikyu.hatenablog.com

emisukeharikyu.hatenablog.com