住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

逆子が治った!良かった!の先にあるもの

わたしが出産した病院では、定期健診の際に
医師の診察とあわせて助産師相談というものがありました。
 
ここでは、助産師さんに体重の増え方や体調のことなどを細かく
チェックしてもらえて、毎回とても心強かったのを覚えています。
 
 
すべての病院でそうなのかはわかりませんが、
助産師さんは
 
現在の家族構成と、
出産後は誰が主に育児をすることになるか、
援助はどれぐらい得られそうかなども聞いてくれました。
 
 
そしてその時の経験は、いま、妊娠中の方の治療をする際に活きています。
 
 
主に、逆子治療の際にヒアリングすることが多いのですが
 
・ご主人の育児への参加度
・産後に周囲から援助が受けられそうかどうか
・不安なことや、産後の心配事
・2人目以降なら、現在の子育てのストレスや前回産後からの回復のスピードなど
 
これらはなるべく聞くようにしています。
 
 
妊娠や出産は人によってちがうので
 
「出産も短時間で安産!産後もわりと早く回復して元気だったよ!」
 
という方もいらっしゃれば
 
「出産がトラウマ。産後身体がボロボロだったし、次の妊娠をためらってしまう」
 
という方もいらっしゃいます。
 
 
そしてわたし自身も、出産がトラウマではないものの
産後はけっこうきつかったという経験をしています。
 
 
だからこそ、
妊娠中に抱く不安はなるべく解消してさしあげたいし
産後その方がどういった育児生活を営むことになるのかは
ある程度こちらも把握しておきたいのです。
 
 
逆子なおりました?よかったですねー!お大事にー!
 
 
で、終わらせたくないんですね。
 
 
もちろん患者様からしたら、逆子がなおったらそれでいいかもしれない。
もうここに来ることないわ、と思うかもしれない。
 
でも、
出産はゴールではないから、その先に長い長い生活が存在している。
 
元気だと思っていた人が、
産後に精神を病んだり、身体をこわしたりすることを体験している。
 
 
だから、その人が出産されたあとのことに想いを馳せています。
 
もし、産後体調がすぐれなければ
お子様連れで通っていただけること。
 
もし、赤ちゃんの夜泣きで眠れなければ
刺さない小児はりというものがあること。
 
セルフケアとしてお灸を取り入れることで
自分で自分の体調をある程度管理できるようになること。
 
 
これらをしっかり伝えていきたいなと考えています。
 
 
鍼灸は、赤ちゃんのこともお母さんのことも助けてくれる
ほんとに便利なものだから。
 
 
妊娠中、産後すぐは「鍼灸」!
って、みんなが思ってくれるとうれしいですね^^