住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

アイコス(電子タバコ)が皮膚に及ぼす影響

 

―――――――――――――――――――――――――
2017.12.23に追記しました。
 
日本肺癌学会、世界肺癌学会で
IQOS、blo、Ploom TECHの3種類の加熱式たばこの
煙を可視化する(見えるようにする)実験をしたところ
 
口からエアロゾル(ミスト)が
2〜3メートルの距離まで
飛散していることが確認されました。
(煙が出ない、ということはない)
 
 
また、
室内の空気を汚さない
有害性が低い
などと謳われていますが
 
実際には、発がん性物質が含まれており
受動喫煙による二次曝露も発生します。
 
加熱式たばこでも同じように
健康被害があります。
 
そして、3メートルともなると
同じ部屋で吸われたら
室内の人たちがみんな受動喫煙になります。
 
当然、吸ったあとは
衣服や手指にも付着していますよ。
お子さんを抱っこする前には
手を洗ってくださいね。
 
 
追記終わり
―――――――――――――――――――――――――
 
昨日、患者様とタバコの話になって
アイコスについて考えていました。
 
 
問診で、
「ご家族に喫煙者はいらっしゃいますか?」
と聞くとたまに
 
「夫が吸いますけど、でもアイコスなんで」
 
とか
 
「アイコスに変えたんで大丈夫です」
 
みたいな
 
 
アイコス=普通のタバコほど有害じゃないし周りにも迷惑かけてないよ!
 
 
みたいな意見に遭遇することがあります。
 
 
そしたらこんなブログを見つけました。
 
 

 
こちらは、
不妊治療中の奥様のお悩み。
 
ヘビースモーカーのご主人が
アイコスにしてくれたのだけど
妊活に影響はあるのか?というものです。
 
 
それに対してお医者さまが
答えていらっしゃいます。
 
 
「アイコスに副流煙がないとは言えない」
 
「有害物質が90%カットされている、という意見は自社データのものであり(信頼性があまりない)、第三者機関からの報告が必要」
 
「・煙が出ない、あるいは煙が見えにくいので禁煙のエリアでも吸える
受動喫煙の危険がない
・従来の燃焼式たばこより健康リスクが少ない
 
などはすべて誤った情報である」
 
 
これはわたしも
調べるまで知らなかったことです。
 
タバコ吸わないのでよけいに興味もなくて
きちんと知識をつけていませんでしたが
 
アイコスについてもっと
正しい理解を広めないといけないなと感じました。
 
 
 
 
ふだん
人がタバコを吸おうと自由だし
どうでもいいですが
 
ちょっと臨床の中で
気になることがあるんです。
 
 
それは
 
 
治療をしても
なかなか皮膚症状がよくならない患者様の
ご家族に喫煙者がいること、です。
 
 
たまたまなのかもしれません。
でも
 
アトピーや乾燥肌でこられるお子さんの
ご家族がタバコを吸っていると
 
他のお子さんより、治りが良くないなぁと
思います。
 
 
もちろんアイコスであっても、です。
 
 
 
「ベランダで吸ってますけど」
 
 
て言われる方もいるかもしれません。
偉いですね。
 
 
でも、吸ったあとは
吸った人の皮膚に有害物質がこびりついてます。
 
煙を吸わなかったらいいだけじゃないんです。
 
 
その手でお子さんに触れませんか?
 
その服で抱きしめたりしませんか?
 
 
そしたらもちろん
お子さんにも悪影響を与えます。
 
 
 
タバコが与える弊害は
いろいろありますが
東洋医学的に見ても
 
「肺」にいちばん影響を及ぼします。
 
 
肺は、皮膚を司っています。
きれいな皮膚、潤いのある皮膚に
近づけていくには
肺の機能を高めることが大事なんです。
 
 
タバコは肺を弱らせる
 
つまり
タバコは皮膚を汚くする
ってことですよ。
 
(歯も内臓も汚くなりますけどね)
 
 
 
この記事を読んで
 
「まじか!アイコスやめるわ」
「ていうかタバコやめるわ」
 
っていう人が一人でもいてくれたら
めっちゃ嬉しいなぁ〜。