住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

【保存用】セルフケアを始めたい方向けに、せんねん灸と円皮鍼を比較してみました

健康のために、まずはセルフケアをしてみよう!と思うけど

せんねん灸?円皮鍼?わたしにはどっちがいいの?

という方に向けて記事を書いていきます。

 

 

せんねん灸と円皮鍼、長所と短所を比較してみた

 

 

わたしが考える、せんねん灸のメリット

 

・お灸を据えること自体が、あたたかくて気持ちいい行為である

香りを楽しむことができる(お灸の種類によります)

・ペットなどの動物にもできる(お灸の種類によります)

もぐさの成分が体に作用し、解熱・利尿・止血などの効果がある

 

 

逆にデメリット

 

・火を使うものは、火事の危険性がある

・火を使うものでなくても、やけどの可能性がある

・火を使うものは、部屋が臭くなる

 

 

円皮鍼のメリット

 

・手軽に持ち歩けるので外出先でも使用可能である

・1度貼ると数日間効果が持続するため、コスパが良い

・スポーツをする時に貼ることで、パフォーマンス向上が期待できる

・道具が何もいらないので、気軽に試すことができる

 

 

逆にデメリット

 

・メーカーによっては、痛みがあったり、はがれやすかったりする

・いつのまにか取れて、どこかにいってしまうことがある(鍼だと危険)

・種類によっては、皮膚が赤くなったり、かぶれたりすることもある

 

 

こんなかんじです。

それぞれの長所と短所に応じて、どちらを使うかは好みです。

 

わたしは普段、せんねん灸も円皮鍼もどちらも使っていますし

それぞれの良いところがありますね。

 

 

お値段はどうなる?1か月で比較してみた

 

 

せんねん灸を毎日4か所したとします。

せんねん灸オフ ソフトきゅう220個入り 3300円で計算すると

1日60円。

1か月を30日として1800円です。

 

 

円皮鍼を4か所貼ったとします。

セイリン パイオネックス100枚入り 1600円で計算すると

1回64円。ただしこちら3日ほどは貼り付け可能です。

そこで1か月のうち、貼り換えを10回とすると640円です。

 

※消費税は考慮していません

※お灸や鍼の種類によって金額も変動します

 

 

こう考えると、円皮鍼のほうがコスパが良いことがわかりますね。

 

 

 

せんねん灸の種類を比較してみた

 

 

せんねん灸の種類は

火を使うもの、火を使わないものに分けられます。

 

「おうちに乳幼児がいる」

「家族が煙に敏感である」

「火を使うのが怖い」

というのであれば、火を使わないタイプがおすすめ。

 

でもちょっと割高です。

長期的なセルフケアというよりかは、

単発で要所要所に入れていくかんじかなあ。

 

 

↑これはまるいシールです。

 

 

 

↑これはカイロみたいな四角いタイプ。

 

 

火を使うタイプの中には

良い香りのもの、煙がまったく出ないもの、ふつうに臭いもの(笑)

があります。

 

良い香りのものは

アロマきゅう、はじめてのお灸シリーズなどがあります。

 

個人的には、アロマ灸の香りは「アロマか???」と思ってしまってます笑

なので、香りを楽しむには、はじめてのお灸シリーズがおすすめ!

4種類の香りがありますが、個人的に好きなのは黄色と緑です。

 

 

 

↑これは4種類、全部香りが入ってます。でも1種類25個ずつしかない。

 

 

 

↑これはひとつの香りが150個入ってます。えみすけ愛用中。

 

 

煙の出ないお灸はめっちゃ優秀です。

すこしお値段は高くなりますが、家族にも、いやがられない!

これってけっこう大事なポイントですよね。

 

あと、通常のせんねん灸よりも温熱時間が長め。

ぽかぽかする効果が長持ちします。

 

 

↑熱さは、ソフト、レギュラー、ハードがあります。

 

 

他の、ふつうに臭いお灸(←言い方・・)にもいろいろ種類があります。

せんねん灸オフ、みそ灸、しょうが灸、にんにく灸。

また、ペットや動物など、毛がたくさんあるところにお灸をしたい場合

琵琶湖、という棒灸もあります。

 

 

 

↑ポピュラーなやつ

 

 

↑これ持ってる人は、かなりの「通」です。お灸マスターと呼ぼう。

 

 

 

 

円皮鍼の種類を比較してみた

 

円皮鍼もいろいろありますが、ここでは

セイリン社のパイオネックスというシリーズに焦点を絞ります。

なぜなら、ここのメーカーが国内でいちばん信頼できるからです。

 

パイオネックスは、皮膚に貼り付ける小さいシールです。

シールに、短い突起がついています。

その突起の素材として「鍼」「チタン」「ステンレス」「樹脂」があります。

 

 

 

↑わたしがよく使う、黄色い鍼のもの。5色あって、それぞれ鍼の太さが違います。

 

Amazonでみつからんかった。チタン素材の鍼です。

 

 

 

↑鍼ではなく、ステンレスの突起なので刺さりません。お子様にも安心。

 

 

 

↑金属アレルギーの方にも安心の樹脂素材。刺さりません。20枚入り。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

たくさんあって、結局どれがいいねん!ってなってるかもしれませんね。

 

家族構成やいろいろな事情によって使い分けていただくのがいいですが

えみすけが使っているのは

 

せんねん灸 ⇒ はじめてのお灸シリーズ(黄)、レインボー灸

円皮鍼   ⇒ パイオネックス(黄)です。

 

黄色が好きなんですね、きっと。いや、たまたまですけど。

 

 

今日はつかれた~!とかゆっくりリラックスしたい・・というときには

寝る前にせんねん灸をします。

 

そして、何か困っている症状があるとき(喉が痛いとかお腹痛いとか)は

円皮鍼を何日か貼りながら過ごします。

 

 

なので、どっちも持っておくといちばん安心ですね。

 

 

どんな症状のときに、どこに貼るかは

これまでもちょこちょこ書いていますが、

またいろいろ書き足していきます^^

 

 

これからセルフケアをはじめてみよう!という方の

参考になれば幸いです♪

 

 

大阪市住吉区 子連れで通える鍼灸接骨院
長崎はりきゅう接骨院
星鍼灸師えみすけってこんな人
星料金・メニュー・予約受付時間
星えみすけの施術を受けた方たちの喜びのお声


新クーポン

ハートLINE@へのリンク
 個人的に質問したいことがある方は、無料でトークしましょ!

ハートfacebookへのリンク
 お気軽に友達申請してください^^いきなりそんな!という方はフォローどうぞ♡