住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

どうしてセルフケアをすることが大事なのか?

今朝、とっても嬉しいご報告があったんです。聞いて聞いて。

 

2017-11-29-22-19-52-200.jpg

今年の夏ごろから

セルフケアのひとつとしてせんねん灸を取り入れてくださっている

知人の女性。

 

この方、色々とお悩みがあったので

「なんとか体質改善したい!」という想いをお持ちでした。

 

本当に熱心にお灸をしてくださっていて

わたしも微力ながらお手伝いできればと、

ツボをアドバイスさせていただいたりしていました。

 

 

そして先日

 

「自分でお灸をするだけでは限界を感じてきた」

「プロの施術を受けにいきたいです!」

 

と言っていただき、鍼灸を受けにこられました。

 

 

でも、

 

施術前に問診をしていると、その方のお悩みであった症状のいくつかが

かなり軽減されていたんです。

 

 

「そういえば、最近ましです」

「お灸のおかげかはわからないけど・・」

 

とおっしゃっていましたが、

詳しく聞くと症状に良い変化が現れたのはここ3カ月ぐらい。

そしてこの方は夏ごろからお灸をしていた。

 

 

じゃあ・・

やっぱりお灸のおかげじゃない?!( *´艸`)

とわたしは思ってしまいました。

 

 

 

で、施術をして、それから数日後。

こんなLINEがきました。

 

 

鍼灸を受ける前日には、3回やっても熱さがわからなかったツボが

 鍼灸を受けた翌日から、1回で熱さがわかるようになった!」

 

 

わー!すごいですね!

これに気づいてもらえたことがすごいです。いやほんとに。

 

 

毎日お灸をすることも大変素晴らしいんですが、
自分の身体を気にかけている、ということ自体が
とっても素晴らしいんです。
 
これ、なかなかできることじゃないんですよ。
 
 
 
たくさんの患者様を見ていると
やっぱりほとんどの方は
体調を大きく崩してから、初めて困る方が多いです。
 
 
病院にも行かない
調子がわるくても我慢する
 
 
 
そんなかんじで身体を放置して
ガターン!てくずれたときに
 
「あ・・健康って・・ありがたいんやな・・」
って気づくんです。
 
どこも痛くない、ご飯をおいしく食べられる、身体を自由に動かすことができる
 
それって当たり前じゃないんやなって気づくんですね。
 
 
わたしは、患者様にセルフケアを勧めていますが
 
それは、治療効果が長持ちするということと
自分で自分の不調に気づきやすくなる、という効果があるからです。
 
 
自分でお灸をするときに、皮膚をさわります。
温度を感じて、自分の体調に想いを巡らせます。
 
その一連の流れこそが、あなたの日々の健康を創るのだと思っています。
 
 
ぜひ、この方のように自分の身体に興味をもってみてください。
 
そして
調子が悪いかなと感じたら
無理をしない、違和感を放置しない、ということを念頭において
早めに医療機関を受診してみてくださいね。
 
 
いきなり入院!ってことになったらあなたも、家族も、ほんとに大変ですから。
 
 
転ばぬ先の杖、ってかんじで、大崩れするまえのセルフケアを
続けてもらえればうれしいです^^
 
 

お灸のことをえみすけに質問してみたい方はこちらから!