住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

「愛情ホルモン」をかんたんに出すやり方

小さいお子さんを育てているお母さんたちは、
なるべく子どもを叱りたくないと思っています。
 
 
でも、
言うことを聞かない
こちらを困らせることばかりする
 
こういうことが重なってくると、怒りの沸点が低くなってしまうんですよね。
 
 
街や公園でよく目にする場面。
 
 
大泣きしているこども。
きつい言葉や態度で叱るお母さん。
 
 
お母さんが怒れば怒るほど子どもがヒートアップするケースもあり
 
お母さんは、とにかく言いたいことを全て言わないと気が済まないんだけど、
子どもはポカンとしているケースもあります。
 
 
 
わたしはこういう場面に遭遇するたび、ほんとにお節介だけど
 
 
あぁ、このお母さんの力になりたいなって毎回思ってます。
 
 
実際にわたしができることってその場では何もないんですけど…
 
 
でも、
かわいくて大好きな子どもにきつく叱ってしまう、怒鳴り散らしてしまう
 
そんなの、あとで後悔するに決まってます
 
 
「言い過ぎた…」
 
「まだ子どもやのに、大人と同じ理解度求めても無理やんなぁ…」
 
「わたしのこと怖かったやろな、ごめんな」
 
 
って
子どもの寝顔を見ながら反省するお母さんも多いです。
 
 
 
 
そんなお母さんたちに、ひとつ知ってほしいことがあります。
 
 
それは、オキシトシンっていうホルモンのこと。
 
 
以前、記事も書いたことがあります。
 
オキシトシンは、愛情ホルモンと呼ばれていて
大人にも子どもにも必要なものです。
 
 
これがたくさん分泌されていると
 
・人にやさしくなれる
・イライラしにくくなる
・ストレスに強くなる
・幸せを感じ、穏やかな情緒になる
・記憶力が上がる
 
などなど、いいことがいっぱい!
 
 
なので、
 
「お子さんがすぐ癇癪を起こす」
「子どもをいつも叱ってしまう」
 
ということでお悩みのお母さんは
 
是非、オキシトシンを分泌する意識をしてみてください。
 
 
 
オキシトシンを分泌させる方法は大きく分けて2つです。
 
 
①心地よい触れ合いをする
 
なるべく、衣服の上からではなく肌と肌を合わせること。
相手の皮膚を撫でてあげたり、いっぱいギューッてしたり。
 
スキンシップです。
これがいちばんかんたんにできます。
 
 
これ、親子だけじゃなく夫婦でも恋人同士でも
もちろん友達同士でも使えます。
 
ただ、痴漢みたいに、不快な触れ方ではオキシトシンが出ないことがわかっています。
 
あくまで心地よい触れあい、でお願いします。
 
 
ちなみに、小児はりという刺さないはりは
この理論に基づき施術しているので
 
小児はりを受けたお子さんは、癇癪が出なくなったり
穏やかなかんじに変化するのですね。
 
 
②五感を使って幸せになる
 
ちょっと抽象的なんですけどオキシトシンはスキンシップをしなくても出ます。
 
なんなら、相手がいなくても一人で自分の分泌を高めることもできます。
 
おいしいものを食べる(味覚)
きれいな景色を見る(視覚)
ふわふわであたたかいものを触る(触覚)
好きな香りを嗅ぐ(嗅覚)
好きな音楽を聴く(聴覚)
 
これをして、あ〜幸せやわ〜楽しいわ〜ってなると、オキシトシンが出ます。
 
あ、気持ちいいマッサージ受けるのもいいですよ。
 
 
ちなみに一つ余談。
 
おもしろいんですけど鍼灸師ってめっちゃオキシトシン出てるんです。
 
 
鍼灸治療をするとき、施術者は患者様のことをとっても真剣に考え
思いやり、丁寧に身体に触れます。
 
 
その際、すっごく優しい気持ちになっているので
鍼灸を受けている患者様よりも施術者のほうにたくさんオキシトシン
出ているらしいです。
 
 
鍼灸師って幸せな職業だわ…笑
 
 
 
そんなわけでオキシトシンのことをご説明しました。
 
 
お子さんや、お母さんにオキシトシンがしっかり分泌されると
 
お母さんから見た「お子さんの困った行動」が少し変化するかもしれません。
 
 
そうなると、叱ることが少なくなりお子さんは、お母さんのことが
もっと大好きになります。
 
親子でいつもニコニコ、幸せです。
 
 
そして、もし自己流でやってるけどなんにも変化わかんないよ!
 
という方がおられましたら小児はり、ほんまにおすすめです。
 
 
来月12/1(金)に
小児はりを無料で体験できる体験会をやりますので
よかったら来てみてくださいね。
 
無料小児はりのお申込みは
☎06-7506-7128
にお電話いただくか
 
この記事にコメントいただいても大丈夫です(*^^*)