住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

【鍼灸×心理学】ココロに嬉しい変化の話

鍼灸をしていると、
患者様の感情にも変化が起こります。


たとえば
「イライラしにくくなった」
「クヨクヨ悩まなくなった」
「怖がりが落ち着いた」
「やってみようという気持ちになってきた」
など

これは、治療がすすんで
身体に良い影響があることを示しています。



わたしはもともと心理学を学んでいて

精神を変えるにはカウンセリングをして
その内面と向き合う…という作業が
必要だと考えていました。

しかし、

鍼灸や整体の世界に足を踏み入れてみて

身体を変えることで精神が変わる
という体験を目の当たりにしました。


もともと人の心に興味津々のわたしなので
鍼灸をするときは必ずその方の
感情を大事にしています。


ここで、東洋医学に話を移すと

世の中のすべての要素を
肝、心、脾、肺、腎に分ける時

人間の「発生」もその5つで説明できます。


肝は「生」
物事が生まれ、昇っていく力です。
積極性を司ります。怒りと関連します。

心は「長」
昇ってきたエネルギーを四方八方へ伸ばす力です。心がのびやかに開放されているかに関わります。喜びと関連します。

脾は「化」
今まで伸びて広がってきていたエネルギーが、外から抑えるエネルギーとうまくバランスをとる状態です。
論理性を司り、冷静な判断力と関わります。

肺は「収」
エネルギーを内側に収斂させて縮めてくる力です。感受性を司ります。悲しみと関わります。


腎は「蔵」
内側に収斂したエネルギーを固めて、下に落とす力です。その固めたものの中には、次に広がろうとするエネルギーが蓄えられています。
これによってまた次に「肝」が昇ることができるのです。
耐久性を司ります。恐怖と関わります。


話を治療にもどしますが
身体の不調、あるいは心の不調がある方は
この5つの感情のバランスがとれていません。


それは性格…というよりかは
身体の不調からきているのです。


イライラしたり落ち込んだり…と気持ちの変動が大きい人。
あるいは、やる気が起こらない人、いつも尻込みしてしまう人は、肝の不調。

睡眠不足が続いて、判断力が低下したり鬱のような気持ちになる人。
あるいは、時と場合を考えずにしゃべりまくる、状況に合わない場面で笑い出す人は、心の不調。

基本的には明るくて、歌うことが大好き。
でも悩んでいる事の解決策が見つからない(と思い込んでいる)人は、客観的に物事を見れていないので、脾の不調。

感受性が豊かで、悲しくなってすぐに泣いてしまう。
いつも同じことで堂々巡りの考えを持つ人は、肺の不調。

怖がりで、いつも何かが不安。子どもなら、お母さんから少しでも離れると泣いたりして、神経質な一面がある。
我慢ができなくてすぐにくじけてしまう人は、腎の不調。

といった具合に。


鍼灸を受けていくと
これらの感情のバランスがとれてきます

身体の不調が解消されていくことで
五臓が調和した状態になるからです。


そして感情が変われば
身体はもっとのびやかに反応し
自然治癒力が高まります。


健康と感情は切っても切り離せませんね。


感情を変えたい!と思ったら
身体へのアプローチも効果的ですよ(^o^)


 

感情が変わる治療の説明はこちらからどうぞ

 

 


ハートLINE@へのリンク
 個人的に質問したいことがある方は、無料でトークしましょう。
 
ハートfacebookへのリンク
 お気軽にフォロー・友達申請してください^^