住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

わたしはこうして添い乳をやめました

先日、添い乳と夜泣きの記事を書きました。
 
 
 
添い乳はやめたほうがいいのはわかってる。
でも…やめられない!!
 
 
そんなママもいますよね?
 
わかります。すんごいわかります。
 
 
そもそも、夜中の添い乳やめるって、泣いたらどうやって寝かすの?
マンションだし、泣かせっぱなしになんてできませんけど!
 
って思いますよね。
 
 
今日は、前回記事の続きとして、
うちの場合の断乳方法と寝かしつけ方法を書きたいと思います。
 
 
もし今
「夜間断乳したいんだけど勇気が出ない」
「添い乳以外の寝かしつけってどうすれば…」
 
と悩んでいる方がいたらよかったら読んでみてくださいニコニコ
 
 
 
龍長女の場合
 
断乳の時期:1歳1ヶ月
授乳回数:日中は1日に1回、夜中は4、5回
離乳食:3回食(ほぼ食べない)
 
 
1歳に近づくにつれ、どんどん授乳回数が減っていき、
ついに日中1回になっていました。
(お昼寝は抱っこで寝かし、夜の寝かしつけのみ授乳してました)
 
 
でも、なぜか1歳1ヶ月で急に夜に起きる回数が増えて
ちょっとつらくなっていました。
 
 
当たり前のように添い乳で対応してましたが、
寝て30分で起きたり、
ついには授乳直後でもすぐ泣いたりしていて、
ひどいときには一晩4、5回起きました。
 
 
これはもうあかん、眠い
 
 
と思って、朝起きたら断乳するって決めました。
 
 
乳首にばんそうこうを貼り、一応、娘に見せて
「もう今日からおっぱいないから!」
と宣言しました。
 
 
娘、ぽかーんでした(・o・)
 
 
日中はなんとかごまかしつつ
さぁ、夜ですよ。
 
 
たまたま旦那がいたのでお互い抱っこしまくってたんですが
1時間以上やっても寝ません。
 
ついにはお外に散歩にいこうってなって
家族で夜の散歩に繰り出し(9月でした)
 
どうにかこうにか寝ました。
 
 
そして数時間後、泣いて起きて
さぁここから…!と頑張って応戦しますが
やっぱり抱っこではなかなか泣き止みません。
 
 
ご近所から通報されるのが怖かったので
電気をつけ、名前を呼び、
目をつぶって泣いている娘を起こしました。
 
 
そしておもむろに
ハイハイン(大好物)とお茶を差し出しましたところ
娘、ごきげんで食べ始め…
そのまま2時間あそび
朝方になんとか抱っこで寝ました。
 
亀田製菓 ハイハイン 53g×12袋

亀田製菓 ハイハイン 53g×12袋

 

 

 
そのあとも起きた気はしますが
とにかくハイハインを与えました。
 
そしたら気が済んだのか寝ました。
 
2日めの夜は1日めほど手こずらず、抱っこですんなり寝たように思います。
 
もし起きてもハイハインがある…!という心の余裕?もありました。
そしたらたぶん、5時間ぐらい続けていれば寝てくれて、
わー!こんなに時間があくの久しぶり!!と感動しました。
 
次は起きても抱っこのみで寝ました。
 
 
3日めは寝かしつけもすんなり。
 
そして生まれて初めて朝まで寝ました。
 
 
あまりの感動に
 
「え?わたしさっき起きて対応したっけ?
いやしてないよな?え?もう朝?まじ?」
 
と若干パニクった気がします。
 
 
そんなわけで、それ以降おっぱいは飲まず、
ふつーーに寝るようになりました。
 
 
ちょいちょい夜中に泣くことはありましたが
ハイハイン様のおかげでなんとかなりました。
 
 
しかもそれ以降、めっちゃ離乳食を食べるようになりました。
 
 
それしか食べるものないから当たり前といえば当たり前なんですが
 
特にうちの子は離乳食あんまり食べなかったので
おっぱい止めても食べなかったら
死んでしまうのでは…とかって不安だったんですね。
 
 
でも大丈夫でした。
 
 
ほんと断乳してよかったです。
 
 
 
羊次女の場合
 
断乳の時期:0歳10ヶ月
授乳回数:日中は1日に1、2回、夜中は0〜1回
離乳食:3回食(めっちゃ食べる)
 
 
次女はなんせよく食べる子で、離乳食の進みも早かったです。
でも9ヶ月から夜泣きが始まってしまったんですね。
(ずーっと添い乳してました)
 
 
で、当然小児はりをしたんですが
これが全然効かなかったんですよ(笑)
 
 
えっ?
て思いますよね。ごめんなさい。
 
鍼灸師のくせに、我が子の夜泣き治せず(T_T)
 
 
なので師匠のところに小児はり通いました。
 
 
「わたしがやっても効かなくて…」
 
て半べそかいてたら、師匠はやさしく
 
「自分のこどもって気持ちが入りすぎるからね。難しいよ」
 
ってフォローしてくださいました(´;ω;`)
 
 
 
確かに、
 
「寝てくれ…寝てくれ…!!!」
 
 
ていう気迫で、毎日毎日、あれもこれもって施術してたので
たぶんやり過ぎやったんやと思います。
 
 
加減って大事ですね。
 
 
 
で、やっぱり添い乳良くないよなって思って
とにかく添い乳での寝かしつけをやめました。
と同時に夜間断乳もやってみました。
 
 
長女のときみたいに
 
日中も一切あげない!
というのではなく
 
あくまで、夜中の間隔をあけていく…というかんじです。
 
 
夜、お風呂上がりの19時の授乳を最終として、
おっぱいで寝落ちしそうになってるのをむりやり起こして寝室へ。
 
 
長女の相手をしながら、エルゴでおんぶ。
 
 
幸い、二人目ともなると
家事の合間におんぶしないと何もできないので
エルゴのおんぶ装着だけはうまくなっていました。
(長女のときは、むずかしすぎておんぶができませんでした笑)
 
 
20分ぐらい揺れてると寝るので、そーっと置く。
こんなかんじの寝かしつけでした。
 
 
で、夜中。
 
 
目標は朝7時に授乳やったんですが、まぁ2時とかに泣くんですよね。
 
 
で、話しかけてもおんぶしても抱っこしてもなにしても泣く。
まさにこれ夜泣きですね。
 
 
もうなにしてもだめなときは授乳してました。
 
「絶対7時まであげない…!」
 
とかいう謎ルールを
自分でつくったものの、それで苦しむのは自分とこどもです。
 
 
無理なときはあげましょう。
 
 
でも、添い乳はしません。
 
あくまで、別部屋で電気をつけて、授乳です。
 
そして
 
寝落ちは許しません(鬼)
 
 
 
寝そうになったら起こして、
口から乳首を離して、寝室に移動。
そして、そーっとじゃなく、
わりと大胆に着地させ、しっかり目をあけさせました。
 
 
「君は授乳で寝たんじゃない。
ただ布団で横になってるだけで寝たんやで」
 
ってかんじにしたかったからです。
 
 
授乳のあとなので、ほんまに数分で目を閉じて、すんなり寝ました。
 
で、小児はりのおかげか、どんどん長く寝るようになっていき…
 
いつの間にか7時間とか平気で眠り続けるように✨
 
 
そして夜中も、起きるんですけど、
授乳なしで再び寝るようになりました。
 
 
そしたら自然に、夜の授乳間隔が12時間以上あくようになっていました。
 
 
朝も別に欲しそうじゃなかったので
くれって言うまであげんとこーと思ってたら
 
ついにくれって言われなくなり(笑)
そのまま10ヶ月で卒乳しました。
 
 
次女の場合は添い乳をやめたことと小児はりに通ったことが
夜泣きをなくせた要因だと思ってます。
 
 
 
以上がうちの場合です。
 
共通するのは、
やっぱり添い乳や夜間授乳をやめたらぐっすり眠るようになっていったことですね。
 
 
 
いきなり夜はハードル高いかもしれないので
 
まずはお昼寝のときに添い乳をやめてみるのがいいかもしれません。
 
 
お昼寝前に授乳したら、授乳クッションでは寝かさずに一回起こす。
 
で、布団に運び、添い寝(これが一番らく)。
無理そうなら、おんぶ。
 
 
泣いてももうおっぱいはあげません。
 
泣かせているのが精神的につらかったらムービー撮るのおすすめ!
 
いつか笑い話になるときがきます。
あんなに泣いてたんやね〜って思い出になります。
 
 
で、どうやってもどう頑張っても無理なら…
そんなときは小児はりを頼ってくださいニコニコ
 
 
あ、
今はもう我が子にも感情をいれすぎずに
施術できるようになったのでご安心ください!笑
 
 
夜泣きに悩むお母さんとお子さんが、
一日でもはやく、ぐっすり眠れますように。
 
読んでくださってありがとうございました。