住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

【小児はりのおかげで、こどもと身体についてのコミュニケーションが増えました!】

今日は、いつもわたしの小児はり治療を受けてくれている患者様のお母様にインタビューをする日でしたラブ



かわいい年子の男の子たちの育児をされている患者様。
本当に頭が下がりますキラキラ

小児はりを受けるきっかけとなったお悩みは、
お兄ちゃんがアトピー性皮膚炎による痒み。
弟くんが夜泣きでした。
今回は主にお兄ちゃんについて語っていただきました照れ



ニコ「どうして、小児はりを受ける際に、長崎はりきゅう接骨院を選んでくださったのですか?」

ニコニコ「もともとは、お友達がこちらに通っていて、紹介してもらいました。
年子を通わせることになるので、子連れでも行けるところを探していて。

二人の面倒を同時に見るのは大変なのですが、お友達が『ここならたぶん大丈夫だよ』って言ってくれたので」

ニコ「実際に通われてみて、どうですか?」

ニコニコ「片方の施術をしているときに、もう片方の相手をしてもらえたり、先生や受付の方にはいつも配慮してもらえて助かっています。

また、いつも体調に応じて施術を変えてくださったり、先日、手足口病にかかった時などは、急に連絡しても診てもらえたので、ありがたいです」

ニコ「治療に通いだして、お子様にどんな変化がありましたか?」

ニコニコ「今でちょうど半年ぐらいになりますが、お肌は今は落ち着いています。

あと、こどもと、身体についてコミュニケーションをとることが増えました。

先生に痒いところを伝えられるようになったので、普段わたしにも痒いと言えるようになって、ケアがしやすくなっています」

「おそらくお肌が強いほうではないと思うので…今後も続けるつもりです。

そして、自分のお肌とどう付き合っていったらいいのか、本人もわかってくれたらいいなと思います。

治療開始から1年経ったらどう変わるのか、楽しみです。
こどもも、最初ははりを受けるのが不安そうてしたが、今では「ツンツンしに行くよ」と言うととっても喜びます」


大変貴重なインタビューありがとうございました!!おねがい

小児はりでつらい症状がよくなるのもすごいことなんですが、
「お子さんと身体についてのコミュニケーションが増えた」という点が本当に素晴らしいなと思いました。

お子さんが自分でお母さんにしんどいところを伝えられるのもすごいことだし、

お母さんがお子さんの体調不良に気づきやすくなるのも素晴らしいことです。


こどもは、自分の身体のことをうまく伝えられません。
なので、しんどい時はどうしても不機嫌になったり、いつもより手がかかる行動をとってしまうのです。

ここで、お母さんがイラッとして怒ってしまうこともあるかと思いますが
「どこかしんどいのかな?」って気づいてあげる視点を持つことがとっても大事です。

身体が元気になると、こどもは
新しいことにチャレンジできるようになったり
感情をのびのび表現できるようになったり
自己肯定感が強くなって精神が安定したりします。

なので、このようなご感想をいただけて
とっても嬉しいですピンクハート


今日も無料小児はりのご予約が2名入ったので
いよいよ残りあと1名です!
来月8/1(火) 9時20分か、13時のどちらかでお取りできます。
気になる方は、是非この機会に小児はりを受けてみてくださいねニコニコ



大阪市住吉区 子連れで通える鍼灸接骨院
長崎はりきゅう接骨院
星ご挨拶
星料金・メニュー・予約受付時間
星患者様の声はこちらから
星ご予約・お問合せ

【対応症状】
肩こり/腰痛/寝違え/ぎっくり腰/手足のしびれ/脊柱管狭窄症/椎間板ヘルニア/腰椎すべり症など
胃痛/胃もたれ/嘔吐/便秘/下痢/糖尿病など
冷え性/生理痛/生理不順/子宮筋腫/子宮内膜症/チョコレート嚢腫/不正出血/不妊症など
更年期障害/のぼせ/イライラしやすい/頭痛/めまい/不眠/眼精疲労/白内障/緑内障/飛蚊症など
妊娠時のつわり/逆子/むくみ/こむら返り/動悸/息切れ/体力がない/安産の治療など
産後の肥立ちが悪い/産後うつなどのメンタルケア/母乳が出ない/乳腺炎/腱鞘炎/産後リウマチ/高血圧など
アトピー性皮膚炎/乾燥肌/寒冷じんましん/花粉症/アレルギー性鼻炎/喘息など
ほうれい線/たるみ/しみ/目の下のクマ/毛穴のひらき/お顔のリフトアップ/ウエストサイズダウン/美脚など
お子様の夜泣き/カンムシ/便秘/食欲不振/チック/夜尿症/アトピー性皮膚炎など

お気軽にお問合せください

 

↑LINE@へのリンク。

ご来院を検討されている方は、登録したほうが絶対お得です!

 

facebookへのリンク。

柔道整復師である夫が、バスケが上達するコツを伝授してます。バスケ部の方必見ですよ!