住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

ここ2、3日の体調不良…その原因と対処法をお伝えします!

こんにちは!

長崎はりきゅう接骨院の長崎ですニコニコ

最近、問診にて患者様の訴えを聞いておりますと
皆様、共通しておっしゃることがあります。

それは
「おとといぐらいからなんですけど…」
「ここ2日ぐらい…」
「昨日から急に…」

こんな内容です。
あれこれ悩みは違うのですが、共通しているのは発症時期

ではここ2、3日大阪ではどんなことが起こったでしょうか?


そうです。梅雨入りです。


梅雨になると、低気圧や湿度の関係で
身体に様々な不調が出てきますガーン

人間は四季の変化を受けて身体の機能を微調整しながら生きていますが

季節の変わり目は、その変化に身体がついていけないことがあります。
そういったときに、体調をくずしたり、気持ちも落ち込んだり、
なーんか調子が悪いな〜!となりやすいんですね。


今まで元気だったのに
急にしんどいところが増えたら
「えっ?わたしの身体どうしちゃったの?ショボーン
って不安になりますよね。

実際、患者様でも
急にめまいに襲われて、心配で心配で、病院に行かれた方がいらっしゃいました。

もちろん病院に行くのは大切なことです✨

でも、その方に
「それ、梅雨のせいですね照れみなさん最近しんどいっておっしゃってますよー」
とお伝えしたら

「そうなんですね!なんか、みんなそうなんだって思ったら、ちょっとホッとしました」

と安堵されてましたルンルン



もちろん、全部が全部、原因が梅雨なわけではない方もいらっしゃるので
そこはちゃんと問診してから、鑑別してます。


もしあなたが、
ここ2、3日調子が悪くって悩んでいたら
梅雨のせいかも?って思ってみてくださいね(^^)


では、そんな梅雨の時期
どうすれば元気に過ごせるのでしょうか?

答えは
お灸です!


梅雨の時期は、空気中の水分が増えます。
いわゆる湿気ですね。

そうすると、わたしたちの身体の中にも
当然水分がたまりやすくなるのです。

この水分は
中医学的には「湿邪(しつじゃ)」と言われていて
それはもう身体のあっちこっちにたまります。

頭にたまれば、めまい、鼻づまり
肺にたまれば咳、痰
心にたまれば、うつ状態、落ち込みやすい
胃腸にたまれば、食欲低下、下痢、便秘
足にたまれば、むくみ

などなど。他にも症状はあると思います。

そこで、身体から余分なお水を取り除いてあげれば、身体はスッキリするという仕組みですキラキラ


水は、火であたためることによって蒸発しますよね。
つまりお灸で身体をあたためてあげると、余分な水分が排出されやすくなるのですチュー

お灸ってえらいでしょ〜!!ニコ

身体が水分を排出するには

汗(寝てるときにもでてます)
呼吸(吐いた息に多少含まれる)
尿・便

このような経路が考えられます。

お灸を受けて、内臓がしっかり働くと
これらの排泄機能が向上し、余分な水分がちゃんと出ていきますよニコニコ


なーんかしんどいとき…
なーんか機嫌が悪いとき…

あなたやお子さんの皮膚をさわってみて
少し湿っていたら、それはもう湿気にやられております。

ぜひ、お灸で身体の中からあたためてみてくださいねウインク

ちなみにわたしもここ2日
立ちくらみがひどいですー!笑

ちゃんとセルフお灸します…


梅雨についての記事は
これから色々と書いていきたいと思います🎵

頑張って乗り切るぞー!

あ、そういえば今日の夕方のテレビで
ちょうど梅雨のことやってましたよ照れ


ご興味のある方はみてみてくださいピンクハート