住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

6月の小児はり体験会の様子

今日は小児はり体験会でしたニコニコ

 
今回も、小児はり31回目の大御所(←笑)さんから、
初めてのお子さんまで幅広く受けていかれました✨
 
 
初めてだった男の子は、待合室では楽しく遊んでいたけれど
いざベッドに移動すると、何をされるのかわからない恐怖で涙ぐみ…えーん
 
とうとう大粒の涙を流してしまいました。
 
でも、わたしが
「じゃあ最初にママにやってみるね〜😋」
とママの手をさすっていると
 
「え?全然はりってかんじがしなーい!」
「ほとんど手が触れてるみたい!気持ちいいよ〜」
と息子さんに呼びかけてくれて
 
そしたら男の子は、不安そうな顔で一応じっと見つめてくれていました😆
 
そのあと、
「ちょっとだけ、おててだけやってみる?」
て聞いてみたら頷いてくれたので
 
さささーっとやってみたら
本人も「………?」
てかんじでした(笑)
 
そのあとは、反対の手を自分からだしてくれて
ベッドに座って靴下脱いでくれて
最後は寝転んで全身施術できました!
 
でも、お灸はこわかったみたいで
ライター出した瞬間逃げていったので(笑)
今日はしませんでした😄
 
お母さんはとっても気に入ってくれたみたいで
「通います!」とおっしゃっていただけました🎵
 
 
この無料体験会は、
はりを初めて受けてみたい、という方だけではなく
既存の患者様にも活用していただいています(*^^*)
 
月に一度は小児はり!
という習慣ができれば、
お子さんたちもだいぶ身体が強くなりますよ🎵
 
 
帰宅して、こどもたちにも
「はりやろっか〜」と言ったところ
次女は、ぽぽちゃんを取り出してきました。
 
どうやら、次女は
自分が保護者になりきっていて
ぽぽちゃん(子)がはりをされる設定でした笑
 
「服脱がせますね〜」
 
 
 
ぽぽちゃんにきちんと施術したあと、
 
「じゃあ、交代ね〜」と言ったら
 
ちゃんと自分もはりを受けてました😁
 
 
次女は、保育園に通っているせいか
長女よりも風邪をひくことが多くて…
 
常に鼻水たれてるし
なんかゴホゴホ痰がからんだ咳をするので心配なんですショボーン
 
小児科の先生には
「もしかしたらちょっと喘息の体質があるのかもね」
って言われたので
 
やっぱりこの子にもしっかり、
小児はりしてあげないとなぁ。
仕事始めると、ついつい我が子のケアはサボりがちになってます💦
いかんいかん。
 
小児はりは、喘息にもとってもいいですよ😃
発作の回数がぐっと減りますし、夜も眠りやすくなります。
 
 
お近くに喘息のお子さんがいたら、是非小児はりをすすめてあげてくださいね爆笑