住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

ぎっくり腰になったら…頑張って歩いて鍼灸を受けに行ったほうがいいですよ!

こんにちは!

長崎はりきゅう接骨院の長崎ですニコニコ
 
ここ数日だけで、
ぎっくり腰の患者様が5人いらっしゃいましたハッ
しかも皆さん、
ズビシッ!!て電撃が走ったんだけども
そのあとはわりと軽く、
痛いけどなんとか動ける、というものでした。
 
ほんまに重症なやつは
一ミリも態勢変えられないですもんね…ガーン
 
こういう、急性の症状は
鍼灸のいちばん得意とするところですキラキラ
 
 
通常はベッドに寝て施術をしますが、
こういうときは態勢を変えるのも一苦労なことが多いので、
もし仰向けになるのが難しければ
立ったままとか、よつんばいとか、
その患者様がやりやすい態勢で施術しますウインク
 
そして、なるべくなら
手や頭に鍼を刺したまま身体を動かしてもらいます。
そのほうが、動きがスムーズになりますピンクハート
(腰に刺したまま腰をねじるとかそういうことは危ないのでしません💦)
 
一回でかなり動きがよくなるので
ぎっくり腰になったら是非、早めに鍼灸を受けてみてくださいね。
家でじっとしてるより、必ず早く治りますOK
 
 
また、ぎっくり腰になったら
まずは痛むところを冷やしましょう。
(一人暮らしだったら難しいですけど…ショボーン
 
湿布を貼る方が多いですが
わたしは、湿布よりも
「氷で冷やしてください」とお伝えしています。
 
氷枕(なければビニール袋でじゅうぶん)に氷を何個か入れて
一回そこに水を注ぎます。
で、すぐ捨てます。
これで、多少氷の温度が上がるみたいで
凍傷になるのを予防できます。
 
そしてビニール袋の口を縛って
タオルで包み、痛むところを冷やします。
 
痛いということは炎症が起きているので
冷やすことによって炎症を鎮めるのですね。
 
あと、湯船にしっかり浸かってしまうと
さらに痛くなる可能性があるので
さっと入るか、シャワーが無難です。
そもそも湯船に入るのも難しいと思いますが(^_^;)
 
あとはとにかく
可能なら、毎日治療を受けてください
 
だいたい2回か、遅くとも3回やれば
完全に治ると思いますおねがいキラキラ
 
痛み止めが効かなかったえーんという方も
治療後は薬が効くようになったー!とおっしゃいます。
 
 
鍼灸治療の他にも、
テーピングでのサポートも有効ですよ。
コルセットを持っている方は巻いてくださいウインク
 
で、コルセットは痛くなくなったらはずしてくださいね〜
ずっとつけてると、腰の筋肉を弱めて、腰痛になりやすくなってしまいますガーン
 
あ、ちなみに・・
ずっと鍼灸治療を受けていると
「ぎっくり腰になりそう」という状態で止めることができますチュー
 
ありますよね。一度経験した方ならわかるとおもいますが
「このままいくとやばい」
という状態が必ずあります(笑)
 
でも治療を受けている方は、その先にいかず、軽めで治まることが多いですよルンルン
なんでも予防が大事!
あの痛みはもう経験したくないですよね爆  笑