住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

【80代・利尿剤を飲んでも改善しなかった残尿感が取れました】

こんにちは!

長崎はりきゅう接骨院の長崎ですニコニコ

 

今日は患者様からの嬉しいお声をご紹介。

 

 

80代の女性の患者様です。

当院には週に数回来院されており、うち1回はお灸を足しています。

(わたしはそのお灸だけ担当)

 

お灸は、今までそんなに受けたことがなかったそうですが

「気持ちええわ~」

「先生にお灸してもらったら元気になるわ!」

と言っていただけていましたラブ

 

ある日、お灸が終わってトイレに行かれた患者様。

戻って来てひとこと。

 

「ものすごい出たわ」

 

「よかったですね^^」とにっこりのわたし。

というのも、その方、体質的に

体に余分な水分が溜まりやすいタイプなのです。

 

主な症状としては

体が重い、だるいかんじがする

動くのが億劫になる

お腹まわりがぶよぶよ

天気が悪いと調子が悪い

などなど・・

 

そしてこういう方には

本当にお灸がおすすめ!なんです。

 

以前から、

お灸をしたら尿が出やすいとは言っていただいてましたが

特に今日はすごかったみたいで。

 

「いつも家ではチョロチョロとしか出ないのに、今はもうすごかった。

びっくりした」

とのことでした。

 

その後、Dr.メドマー(足のむくみ取りのエアーマッサージャー)を

10分されて、

 

待合室で院長と雑談されていると、また、もよおされたそうで。

トイレから帰って来て一言。

 

「また、ものすご出たわ」

「さっきも出したのよ?

それやのに、なんなんこれ?」

 

「余分な水分ですね(笑)」とわたし。

 

「わたし、家で利尿剤飲んでもこんなにでーへんよ?

効きすぎてこわいわ!」

とおっしゃっていただけました。

 

 

尿がたくさん出ると、なにがいいかというと・・

 

・体がすっきりして、体内の循環がよくなります

・むくみが取れます

・気持ちが明るくなり、行動的になれます

 

人間の身体は常に血管やリンパなどが循環しています。

また、新陳代謝がはたらいているので、

古い細胞は壊れ、新しい細胞が作られています。

 

尿(体にとって不要な水分)が出にくいということは

それだけ循環が悪くなっている証拠。

元気を出したくても、余分なものが溜まっている状態では

むずかしいのです。

 

お灸は、内臓が動きます。

この方にとっては尿の変化が一番わかりやすいようですが、

胃腸も動くので、おなかがすいてきたり、おつうじが良くなったりします。

 

つまり、

あ~最近、内臓弱ってるわ~

という方には

お灸が本当におすすめ!なんですよ照れ

 

 

鍼はこわい!という方でも

お灸なら受けてみようかな??ってなった方は

ぜひご連絡くださいね!^^

 

↓LINEでもご予約とれますよ!

ご相談はもちろん無料ですおねがい