住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

捻挫をした時の対処法!湿布よりも有効な方法があるんです

 

足首の捻挫。みなさま経験ありますか?

 

スポーツをしている方なら、多いと思います。

 

でも案外、普通に歩いていて、ちょっとつまずいて、こけかけて・・

そこで捻ってしまうこともありますね。

あるいは、ただの捻挫だと思っていたらどんどん腫れてきて、

実は骨折していた・・ということもあります。

 

足を捻挫したら、固定して、安静にするしかない。

そう思っていませんか?

実は、こういった怪我に対しても、鍼灸は有効なんです。

鍼灸治療を受けると、怪我の治りが早くなります。

 

といっても、捻挫をしている箇所に直接鍼を刺すわけではありません。

気の流れを考慮し、痛めている部分以外のところから遠隔治療を行います。

 

何もしないでただ安静にするよりも、確実に早く痛みや腫れが引きますよ。

 

ということで、捻挫をしたら・・

1.まずは病院に行ってレントゲン

 (骨折してないか診てもらう)

2.鍼灸治療で、患部の腫れを早く引かせる

3.柔道整復師による適切な固定をしてもらう

 

これがベストな行動です。

 

湿布を貼っているだけでは、長引きますよ!

鍼灸治療を受けて、一日でもはやく日常生活に戻りましょう。

 

 

 

 

捻挫についてのコラムはこちら。