住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

風邪のあと、咳だけ長引く

こんにちは^^
ちょっと涼しくなってきたと思ったらまた暑くなりましたね。
そしてまた今日は肌寒いかんじ・・こんな不安定な気候だと、どうしても風邪をひきやすくなります。
 
さて、きょうは風邪をひいたあとに「咳だけずっと残る」というお話です。


大人でもこどもでも、思い当たることはありませんか?
熱もないし、もう身体もだいぶ元気やねんけど、

咳だけずーーっと出るねんな~ショボーン
というあれです。
 
とくにこどもの場合、咳こんでしまった拍子に、吐いてしまうことがあります。
すやすや寝ていたのに、咳き込んでいきなり吐く・・

親はたまったもんじゃありませんよね真顔真顔
いやもちろん、いちばんしんどいのはお子さん本人なんですけど・・
 
こういう症状にも、鍼灸はよく効きますキラキラ
 
 
先日も、うちの長女が夜中に4回連続で吐きました。


おそらく、鼻水が出ていて、うまく鼻をかめないのでそれを吸い込んで、

のどに痰がおちて、気管に入って咳き込んで吐く・・ということなのだと思います。
(胃腸風邪でいきなり吐くわけではなく、前兆として痰のからんだ湿った咳があります)
これはいかんと思い、翌日の夕方、小児はりとお灸をしました。
 
そして就寝。
どうかなーまた咳き込むかなーと思っていましたが・・
5時間ぐらい、まったく咳き込まずにスヤスヤ寝ていました(#^^#)
それ以降はやはり少し咳がでましたが、吐くまではいかず、

目を覚ますこともなく寝ていました。

今日もやってあげようと思います!
 
咳は、大人でももちろんつらいものです。
とくに夜間に出ますよね。寝られないし、吐きそうにもなりますよね。
喘息の方なら、季節の変わり目は発作も出やすいかと思います。
 
鍼灸は、咳を鎮める効果があり、痰を排出しやすくすることができます。
風邪をひいて、病院にも行って薬も飲んでるけど、咳だけ止まらない・・という方。
ぜひ鍼灸がおすすめですよ♪