住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

口内炎が治らない!その原因は胃腸の乱れにあり

 

口内炎ができると、数日間ゆううつですよね。

ふとした瞬間に痛むし、食事もしづらくなります。

口内炎には鍼灸がめちゃくちゃ効きますので、

ぜひ知っておいていただきたいです!

 

 

口内炎のなにがつらいって、「なかなか治らない」ことではないですか?

ちなみにわたしは、鍼灸を始める前、口内炎ができやすい体質で、

ひどいときは連続8個、合計2カ月ぐらいはずっと口内炎ができていました。

(なんか病気やったんですかね・・笑)

 

当時、それはもうあらゆる方法を試して、治そうとしました。

 

おばあちゃんの知恵で、患部にはちみつを塗ったり

ビタミンB2の欠乏が原因と聞いて市販のビタミン剤を飲みまくったり

イソジンでうがいをしたり

薬局で買える口内炎シールを貼ったり

それでも結局、治るまで絶対に1週間はかかりました

 

その間ずっと痛いんです。

汁物や、酸味の強い食事がしみるんですえーん

こうなってくると食事もいやになってきて、

そうしたら毎日も楽しくなくなってきて、

ほんとに口内炎

精神的にもすごく影響を及ぼすんだなあ

痛感していました。

 

そんなしつこい口内炎ですが、

鍼灸だとまず1回の治療で痛みがましになります

 

治療後に舌でさわってみたりしても、あんまり痛くなくなってます。

これは本当に驚きますよ!

 

さらに、

痛みをとるだけでなく、全身治療で体質を変えていけば、

口内炎ができにくい身体にすることができます。

現にわたしはいま、口内炎ができるのは1年に1回ぐらいです。

 

口内炎は、いわば

胃腸の状態が悪いことが原因なんですね。

それが唇や口内に現れているわけなんです。

 

つまり、胃腸の調子を整えてあげないと、

いつまでも魔の口内炎ループから抜け出せません!

 

どちらかというと胃が弱い

すぐ便秘あるいは下痢をする

などなど、胃腸のお悩みがあって、かつ口内炎に悩んでいる方は

ほんとに早めに治療したほうがいいです。

 

胃腸が強くなれば、多少の不摂生でも耐えられますラブラブ

(あ、でももちろん食べ過ぎ飲みすぎはだめですよ)

なに食べても「おいしー!!」という感動を味わいましょうウインク