鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

11月23日(祝・金)「乗り越えよう!産後クライシスセミナー」の告知

先日、こんなブログを書きました。

 

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

産後、ママになった女性の心や体をケアしたいわたしとしては

絶対に目を背けられない問題です。

 

日々、みんなの心の本音がのぞけるTwitterでは

産後のママさんたちが誰にもいえない気持ちを吐き出したりしています。

 

 

 

今まさに、夫に対して感じる不満や

数年経過してもいまだに心のどこかでくすぶっているものもあり・・

 

産後の気持ちって、女性のその後の人生においても

心に深く残りやすいものなんです。

 

 

産後、妻をいたわる素敵な旦那様だったら

「この人と結婚してよかった・・!愛してる!!」

ってなると思います。

 

実際、そんなふうに心温まるツイートもたくさんあります(*^-^*)

 

でも、

産後にひどい仕打ちをうけた、

あるいは、心無い一言を投げかけられた記憶って

ずーっとずーっと残ってしまう。

 

そのしこりは、夫婦関係を悪化させる原因になってしまうのです。

 

赤ちゃんがうまれて、幸せいっぱいの毎日の裏には

ママのいろいろな想いがあります。

 

男性と女性はもともと性別が違うので

理解しあうことって、とってもむずかしいのですが・・

 

それでも

相手のことを理解したい。関係を良くしたい。と思うのであれば

妊娠中や産後、女性の心身にどういった変化がおとずれるのか?

ということは

 

男女ともに知っておく必要があると思うんです。

 

 

現状、日本の教育では

保健の授業で性教育っていうのがあって

そこで、どうやったら妊娠するかとか避妊の方法とか

生理のしくみとか、習いますよね。

 

でも

妊娠中、女性がどんなふうになるのかとか

産後の生活は具体的にどういうかんじになるのかとか

わたしは習った記憶がありません。

(もし今、そういうのやってるよーって学校があれば素晴らしすぎると思う)

 

 

つまりみんな

どうやったら妊娠するかは知ってるけど

出産したらどうなるか・・つまり産後のことってほとんど知らないんです。

 

誰も教えてくれないんですから、当然です。

妊婦健診でだって、出産のことや赤ちゃんの沐浴指導なんかは習うけど

産後の夫婦関係、夫婦生活についてなんてほとんど話さないと思う。

 

1カ月健診で異常がなければセックスを再開してもいいですよー

ってお医者さんに言われても

 

女性がセックスしたくなるのは本当に産後1ヵ月なんでしょうか?

産後1カ月経ったら、女性の性欲は復活してるのでしょうか?

 

 

そもそも

夫に対して性欲がむかうような精神状態にあるのでしょうか。

 

 

わたしたちは、もっと産後のことについて知る必要があると思うんです。

 

男性も、女性も

妊娠していても、していなくても。

 

妊娠するということ、出産するということを

男女両方が考える。

 

こういう機会、なかなかないなぁと思っていました。

 

そこで、

こんなんやることにしました!!

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20181109173437j:plain

 

11月23日(祝・金)の10時から12時まで

大阪市住吉区住吉区民センター 集会室1にて

 

夫婦の産後クライシスをのりこえるためのお話会です。

 

千葉県から、兼業主婦を代表して内原拓宗先生をお招きして

男性の目線からも、産後を語っていただきます。

 

先生は解剖学・生理学を日々教えていらっしゃるので

男女の身体のしくみの違いをもとに

どうしてすれ違いが起こってしまうのか?を丁寧に解説してくださいます。

 

わたしは、女性の立場から

実際に経験して思ったこと、感じたことを中心に

どうすればすれ違いが起こらないように生活できるのか?ということを

心理学などもまじえながらお話してみようと思います。

 

 

参加費はおひとり1000円。

男性でも女性でも、お子様連れでもご来場いただけます。

 

現時点で15名のお申し込みがありますので

まだまだ募集中です!

 

お申し込みはメールで

sukeemichan@yahoo.co.jpまで参加表明をいただくか

TwitterのDMやブログへのコメントなど

なんでもけっこうです^^

 

 

ひとりでも多くの方々と

「産後」についてじっくり考えることができたらうれしいなあ。