鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

難治性顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の効果とは?

先月開催された日本東洋医学会のレポートその2です。

 

「難治性疾患に対する漢方と鍼灸のアプローチ」というシンポジウムで

東京女子医科大学 東洋医学研究所の蛯子慶三先生たちによるご発表が心に残ったので

書いていきます。

 

 

テーマは「難治性顔面神経麻痺」。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180705160737p:plain

わたしは身近に顔面神経麻痺になった人はいませんが、

もしいたら、絶対に鍼灸をすすめたいと思っています。

理由はシンプルに、めちゃくちゃよく効くからです。

 

 

昨今、世間で騒がれている「美容鍼」。

美容という名前こそついていますが、

もともとはお顔に鍼を刺すということは治療の意味合いが大きいのです。

 

お顔に鍼を刺すことで筋肉が動きやすくなる、ということは

美容鍼を受けている方々なら想像しやすいかもしれませんね。

 

 

顔面神経麻痺に鍼灸治療をすると症状が改善します。

さらに、漢方と鍼灸を併用している方からは

鍼灸の治療効果が長持ちするようになる」という感想が多いそうです。

 

しかし、なかなか改善がみられない「難治性」の場合はどうなのでしょうか。

また、臨床家たちの中で物議を醸す「顔面部への通電刺激」の是非は?

 

今回の発表の要点を、質疑応答も含めてまとめていきます。

 

 

東京女子医科大学における、顔面神経麻痺への取り組み

【対象期間】1992年3月から2017年12月まで

【対象者数】571名の顔面神経麻痺患者

【使用する鍼】長さ40mm、太さ0.18mmのディスポーザブル鍼

【治療穴】麻痺側の太陽、下関、聴会、地倉、頬車、陽白、攅竹、四白、口角の上、口角の下など10か所、百会、合谷、天枢、風池などの後頚部6か所

【刺激方法】開始から1999年1月までは麻痺側顔面部に鍼通電治療を行っていたが、「パルス治療が後遺症を助長する」という懸念が出てきたため、同2月からは15分間の置鍼に切り替えている

【評価法】麻痺の回復:柳原法

     拘縮や病的共同運動などの後遺症の出現状況:西本らの評価法 

 

ということでした。

パルスに関して少し意見交換があったので、後述します。

 

難治性顔面神経麻痺の臨床例2つ

この中で、2つの臨床報告をしてくださいました。

 

報告①

ENoG値0%であった高度麻痺29例のうち5例が、発症後6カ月以内に治癒した

 

ENoG値というのは、 Electroneurographyの略語で、神経を興奮させる検査のこと。

これにより、予後、つまり麻痺が治りやすいかどうかを判別することができます。

 

香川県立保健医療大学 保健医療学部 臨床検査学科 和田 晋一先生によれば

ENoG値が40%以上では2ヵ月以内の治癒,

20~40%未満では4ヵ月以内の治癒,

10~20%未満では6ヵ月以内の治癒が見込まれ,

10%以下になると6か月以上の治癒,もしくは非治癒と推定した.

とのことですので、

今回の報告にあるとおりENoG値が0%というのは

6か月以上治らないか、あるいは治らないと判断されるケースということです。

 

それなのに、6か月以内に5例(17.2%)が治癒しました。すごい。

これはもう、鍼灸治療が効果あったって言っていいでしょ!

ということだそうです。(そんな言い方はされてませんでしたけど笑)

 

 

ちなみにこの5例のうちわけは

ベル麻痺14例中4例、Ramsay Hunt症候群15例中1例であったそうです。

 

顔面神経麻痺には、その機序によって分類があり

いちばん多い、そして治りやすいものはベル麻痺といわれるものです。

(はっきりとした原因は不明、麻痺の80%を占めるといわれている)

 

Ramsay Hunt症候群とは、水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によって起こる麻痺のことで、ベル麻痺よりも重症度が高いことが多いです。

 

 

報告②

3カ月改善傾向のない高度麻痺例において、置鍼治療とリハビリテーションを併用して治癒に至ることができた

 

顔面神経麻痺になると、患者さんは一刻もはやく麻痺を治そうと必死になります。

自分で自分の顔をなんとか動かそうと、無理やり強い力で動かそうとする人も

少なくはないそうです。

 

しかし、“強力で粗野な顔面運動はお勧めしない”とされており

あくまで軽微な顔のマッサージのみが推奨されているのです。

 

そしてこのリハビリテーションは、後遺症の予防にはなりますが

それだけでは麻痺の回復には寄与しない、とされています。

 

それなのに、リハビリと鍼灸を併用したら麻痺が回復しましたよ!という報告でした。

 

 

ただ、最近は「治癒」の定義が「発症後1年以上経過し、38点以上(40点満点中)」

というふうになっているそうで、まだまだ検討が必要ではあるようです。

 

 

鍼灸師に求められることは?

西洋医学的治療でじゅうぶんな効果が得られない難治例に対して、鍼灸治療が

次の治療の選択肢になることは考えられる。

しかし、そのために鍼灸師はどのようなことが求められるのか?

 

①西洋医学的治療に関する知識を持ち、病態に応じた情報提供ができること

②医師と患者の関係を壊さないように配慮ができること

③患者の意思を尊重して、最終判断は患者に任せること

 

というようなことをおっしゃっていました。

 

①に関してはとにかく勉強するしかありません。

また、患者様のほうが詳しかったりもしますが、これは経験するしかないですね。

 

②は他のどんな症状でも大切です。

鍼灸は、決して医療を否定してはいけません。

また、患者様の、お医者様への信頼を失墜させてもいけません。

 

③も、すべてに言えることかなと思います。

治療の主体性は患者様にあるべきですし、こちらはあくまでも

治療の可能性や、その後どうなるのかの予測をご説明するのが大事ですね。

そしてやるとなったら、全力で結果をだしにかかります。

 

医療連携の構築がもっとなされるといいのですが・・

まだまだ一鍼灸院ではむずかしい場面が多そうです。

 

 

質疑応答

蛯子先生の発表では、

「当研究所では、麻痺の発症後1か月以内は積極的に鍼治療を勧めていません。

そして1か月経っても回復が見られない場合、1か月後~6か月までは積極的に勧めています。6カ月経過後は、治療頻度を減らして経過観察をしています。1年以上経過した例では、自覚症状の変化を治療継続の主な指標としています」

 

とのことでした。

 

これに対して、千葉医大 神経内科の先生が質問・・というかご意見を。

 

「うちも鍼灸をやっていますけど、罹病して1か月以内に鍼灸すれば、もっと良くなるのではないですか?もっと病院内の連携を課題とされたほうがいいのでは」

 

これはちょっとわたしも思いました。

が、むずかしいところなんですよね。

西洋医学の治療だけでよくなるのならそれにこしたことはない、という考えと

いやいやそれに加えてもっと良くなるかもしれない可能性があるならやるべきでしょ、って考えと。

 

でもこのご意見が医師からでたことに感動しました。

 

もうひとつ、埼玉医科大学耳鼻科の先生より、パルス通電についてのご意見。

 

「麻痺の程度が軽ければ、通電してもきちんと回復していますよ」

と貴重な臨床経験をお話くださいました。

 

この、麻痺したお顔に対してパルス通電する、という行為自体は

いまのところどちらがいいのかはっきりとは結論が出ていません。

 

しかし、「後遺症を助長するおそれがある」という懸念がある限り

むやみにやらないほうが無難でしょ・・ということだそうです。

 

これはわたしも、

学会かなにかではっきりと「パルスやったほうが効果ありました!」って発表されるまでは、パルスなしでいこうと思っています。

 

置鍼+お顔へのお灸でもじゅうぶんに効果があるので。

 

 

最後に

顔面神経麻痺についての鍼灸の効果、いかがでしたでしょうか。

 

これは当たり前なのですが、鍼灸院に来られる顔面神経麻痺の方々は

発症してすぐに来ました!という方は少ないです。

 

最初はステロイドで様子を見て、1か月、2カ月、3カ月と経過して

医師に「もうこれ以上は良くならないかも」と言われて落ち込んで、

それでもなんとかならないかって悩んで、探して、こちらにたどり着かれます。

 

それはやっぱり、

顔面神経麻痺に鍼灸がいいよ!って言っている人が少ないことが

原因の一つだと思います。

 

麻痺経験者のブログ・・というのも、そうそうないと思うので

やっぱりこういうのも鍼灸師が発信していってほしいなあと思います。

 

 

顔面神経麻痺や、突発性難聴なんかもそうなんですが

「早期に対処することが大事」なんですよね。

願わくは、発症後6か月以内なら、早ければ早いほどいいかなと思います。

 

麻痺後、何年も経過していて、後遺症が残っている状態でも

治療をすれば変化はあるんです。

 

完全に望む状態まではいかないにしても、少しの変化があるだけで

日常生活がぐっとしやすくなって、患者様にも喜ばれます。

 

 

もしこれを読まれた皆様のまわりに

顔面神経麻痺の方がおられたら・・

 

西洋医学の治療と併用して、鍼灸治療もいいみたいだよ!って

ぜひ教えてあげてください。

 

 

お顔にコンプレックスを持つ方が一人でも減りますように!