鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

赤ちゃんが発熱している時、鍼灸治療を受けるべき?

先日、小児はりで通われているお子さんのお母様からご連絡がありました。

 

「今日、こどもの小児はりの予約があるんですけど、今、熱があって

キャンセルしたほうがいいのか迷っています。どうしたらいいですか?」

 

 

詳しくお伺いすると、お子様は

 

・3日前から39度の発熱が続いている

・熱以外の症状は、嘔吐、下痢、ミルクを飲まない、離乳食も食べない、よく泣く

・病院には受診済で、解熱剤と整腸剤をもらっている

・ノロやアデノウイルスなど、感染をする病気ではないと言われた

・機嫌は少し治ってきているが、熱が下がらないのが心配

 

 

という状態でした。

LINEで質問がきていたのですが、施術が終わってからお電話で説明することに。

 

 

わたしが気になった点は「食欲がない」こと。

これの理由はかんたんで、熱が高くて身体がしんどいからです。

熱が下がらないので、しんどくて、食欲も落ちてしまっています。

 

 

対処法として解熱剤がありますが、お母さんいわく「2回使ったけど効かない」とのこと。以前、小児科医に聞いたところによると解熱剤って0.2度ぐらいでも下がれば

じゅうぶん効いているのだそうです。

でも、お母さんから見てお子さんの様子に変化がなければ、そう思ってしまっても無理はないですよね。

 

そこで、わたしは通常の小児はりとは少し違って、熱を下げる「刺絡(しらく)」という治療法があります、と提案しました。

 

 

* 過去、手足口病についての記事でも「刺絡」の効能を書いてます↓

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

 

「熱が下がらないのは汗をうまくかけていないからだと思うのですが

刺絡をすると、汗をかきやすくなります。あとは、通常の小児はりで胃腸の調子を

ととのえれば、食欲も出てきますよ」

「ただ、刺絡は、わざと少量の血を出す治療法なので、少し怖いかもしれません。

刺すときの痛みはほぼありませんが、お母様にお任せします」

 

 

とご説明したところ、

お願いします」とおっしゃったのでご来院いただきました。

 

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180202075738j:plain

 

いつもニコニコのお子さんですが、さすがにこのときは

お母さんに抱っこされて部屋に入ってきた表情もすごくカタい。

 

ベッドにおろして服を脱ぐとすぐに泣いてしまいました(´;ω;`)

 

「いま出るときに熱はかってきたら、39.8度でした」とお母さん。

 

なおさら短時間でしないとー!と思って、ササっと刺絡。

そして、吐き気のツボに刺さないはり。

3分ぐらいで治療終了です。

 

 

このあと、お昼寝をぐっすりしてくれたらいいですね、なんてお話しながら

「わたしも心配なので、夜にまたLINEしてもいいですか?」と聞きました。

念のため翌日にも予約をとって、もし元気そうだったらキャンセルしてください~と

お伝えしました。

 

 

そしてその日の19時半頃、お忙しい頃かと思いつつ容体を聞いてみると

 

「夜は、ミルクを150mlも飲んでくれました

あと、あそんでいるだけでも汗をかきやすくなった気がします」

と喜びのお声が。

 

お母さんは翌日熱が下がったら保育園にいかせようかと思っていたようですが

それは、まだやめたほうがいですとお伝えしました。

 

お仕事をしていお忙しいママにとっては、熱が下がったらすぐに登園させたい気持ちは

じゅうぶんわかるのですが・・

保育園は、基本的に

・前日に1日とおして発熱していないこと(夕方だけちょっと熱出てたとかだと微妙)

・食欲がじゅうぶん回復していること(ご飯食べないと保育士さんが困ります)

が条件で登園させたほうがいです。

 

お母さんも「そうですよね、明日はお休みさせます」と了承してくださいました。

 

 

 

翌日、院に入ってきたお子様の顔はふだんどおりのにっこにこ( *´艸`)

 

「朝、36.8度に下がってました!寝る前もまたミルクしっかり飲んでくれて、

夜中も一度泣いたけど布団に置いたら勝手に寝てくれて。

朝もミルクを飲んだ後、豆腐とバナナをちょこっと食べられました」とのこと。

 

「吐きませんでしたか?」と聞くと「あれからは1回も吐いてません!」と。

 

 

よかったーー^^

 

 

「もうほんとに昨日連れてきてよかったです!ありがとうございました!」

と本当に喜んでいただけました。

 

もしかしたらまた夕方に少し熱が上がるかもしれないことだけお伝えして

今日もゆっくりお過ごしくださいと言いました。

 

 

お子さんが高熱でしんどそうなときって、見ていて、とてもつらいですよね。

こんなにしんどいの、代わってあげたい(;_;)ってよく思います。

せめてそのしんどい期間が短くなるように、鍼灸治療、とってもおすすめです。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180202075745j:plain

 

お子さんのにこにこ笑顔、たくさん見たいですよね(*^^*)