鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

女性の性欲減退を食い止めよう!いつまでも「したい」気持ちを大切にするには

先週木曜日は、月2回恒例の「鍼灸師ZOOMミーティング」でした。

テーマは「性欲」「精力」について。

 

 

ハリックさんが、相変わらずすごい行動力でさっそく記事にしてくださっていて

もうZOOMの内容は上の記事を読んでくださいってかんじなんですが

 

なんでわたしが

今回のテーマ「性欲」「精力」について興味あったかという

ぶっちゃけ話をしていこうかと思います。

 

ちなみにこのブログ、わたしのお父さんやお母さんも読んでるらしいんですけど

そんなん関係なくいきましょう。

 

 

 

 

女性は恋をするときれいになる

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180413122711j:plain

ってよく言われますよね。これはほんとにそうだと思うんですよ。

恋って、性欲の成せるワザなので、

性欲があれば女性はきれいになるってことなんです。

 

美容鍼よりなにより、「好きな人ができた」っていうことだけで

お肌の調子も良くなったりしますよね。

 

 

これはもう、性欲を大事にしない理由はありません。

 

 

人間の三大欲求は、食欲、性欲、睡眠欲。

 

さらに、アメリカの心理学者マズローさんは

それらの生理的欲求がみたされれば、さらに高次の欲求が出てくると言ってます。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180413102516g:plain

 

生きていくうえで、ぜったいに必要なのが、一番下の生理的欲求ってことですね。

ここはまず、どんな人であれ、絶対に満たす必要があるわけです。

 

ただ、性欲ってけっこうタブー視されることが多いし

仲が良い人にだって性事情のことはあんまり聞く機会がありません。

人間として素直な欲求なのに、これは不自然なことですよね。

 

人間として生きていくために必要で、

さらにあなた自身をきれいにしてくれる素敵なチカラ。

 

それが性欲です。

 

実は東洋医学でも、この性欲のあるなしで、体調を判断したりするんです。

そんなわけで、わたしは性欲を大事にしていきたい派でした。

(そんな派閥あんのか)

 

 

えみすけが直面したセックスレス

誰が興味あんねん、てかんじなんですけどよかったら読んでください笑

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180413123147j:plain

何を隠そうわたしは、人生で2回程、

性欲がガターン!と落ちたことがあります。そしてレスになりました。

 

 

1度目は20歳ぐらいのとき。

彼氏のことを人間的に大好きだったので、

一緒にいて、お話してるだけで満足してしまうようになったんです。

 

もうそれはさながら、老夫婦が縁側で日向ぼっこをしているかのような平和。

この人とこういう風に年をとっていくのもすてき♡なんて考えてました。

 

でもまあ当然、相手はそうは思わなかったようです笑

 

 

「なんでしたくないの?」

「なにかだめだった?」

て聞かれて・・

 

いや、あなたはなにも悪くない

ただわたしは、しなくても幸せだし、あんまり必要性を感じないの

って答えました。

 

 

そしたらなんかどんどん、自分の中でも「これはほんとに恋なのか?」ってなって。

向こうも、「それ友達でよくない?」ってなって。

たしかに。ってなって、恋人じゃなくなりました。

 

好きだけど、性的なことをしたくはない相手。こんなかんじだったんです。

 

 

 

 2回目は20代半ばのとき。

 2回目だったので、またか・・ってかんじ。

もうこれは完全にわたしに原因があるんだろうなって思ってました。

 

相手に伝えたら、相手も戸惑ってましたけど、

それでも一緒にいたいって言ってもらえたので、性生活なしで過ごしました。

 

いつか回復するんかなー

したくなる時がくるんかなーって、相手もけっこう待ってくれましたけど

最終的には別れてしまいました。

 (別れたのは、それだけが原因ではなかったのでしょうけども・・)

 

 

カップルって、お互いに性的な満足感が大事なんだなってほんとに思いました。

ただどっちもこれといった原因はよくわかりませんでした。 

 

そんなわたしですから、結婚して、出産したあとにセックスレスになることは

本当に恐怖でしかなかったんですよね。

 

わたしは出産したってやりつづけるぞー!!という決意を胸に秘めておりました。

 

 

産後女性たちが抱える、性欲減退の現実

そんな決意むなしく、妊娠した時点で一気にしたくなくなりました

赤ちゃんになにかあったらこわい!という理由で、

たぶん夫もしたくなかったそうです。

 

産んだら産んだで、体調がよくない。傷口も怖い。

そしてホルモンの影響か、性的な部分に触れられると嫌悪感が募る。

 

なるべくしたくない。でも2人目はほしい。

 

そんな相反する気持ちでした。

 

 

ちなみに、えみすけ調べによると

産後に旦那さんとしたくなくなった、という女性はすごく多いです。

 

これはいったいなぜなのか??

 

 

考えられる理由は

①ホルモンバランスの変化

②体調があまりよくない

③異性としての魅力を感じていない(恋をしていない)

 

かなーと思うんです。

 

①のホルモンバランスに関しては、産後しばらくはしょうがないと思います。

母として、子のことを考える時間が多かったり、毎日が必死すぎて

「女」モードになれない。一日の大半を「母」として過ごすからです。

 

ここを解決するには、もうほんと、時間しかないのかなって思います。

自律神経症状も出ていて、メンタルに影響があるとか不眠などもあるようなら

鍼灸で少し和らげられるかもしれません。

 

 

②の体調不良に関しては、ホルモンと少し関連しますが

寝る時間が少ない、身体の疲労感がすごい、自分のやりたいことができていない、

などで日々少しずつ蓄積していくものです。

他の欲求が強すぎて、性欲にまで頭が回らないかんじでしょうか。

 

ここを解決するには、やはりぐっすり眠ること、たまには育児から離れて

個人のしたいこと・自由をしっかり楽しむことが大切かと思います。

好きな服を買ったり、美容院に行ったり、友達とランチに行ったりとか。

 

③はこれいちばんむずかしいんですよね。しょうがないっていうか。

ときめきとかドキドキとか、いつまでも旦那に対してしてられないじゃないですか。

大切な人、安心できる人、いなくなったら困る人っていう感情はあるけれど

それは情熱じゃない。激しい気持ちではないし、肉欲じゃないわけです。

 

芸能人とか見て、わーかっこいいー!てなるけど、だからといって

それで性欲が夫に向かうわけでもないし。

きゅんとする恋愛漫画とかは、読むと少し回復するかもしれません。

未体験ですけど、女性向けAVもいいのかも。あとは下着にこだわるとか・・。

自分でもある程度、性欲を高める行動と意識をもたないと難しいのかな、と感じています。

 

 

男女がずっと仲良しでいるためにはお互いの性欲が大事

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180202075005j:plain

今回、わたしが性欲について興味があったのは、

鍼灸で性欲って回復するのかな?ってことを知りたかったからです。

 

 

鍼灸って、食欲がない時に受けると、食欲が湧いてきます。

夜あんまり眠れない時に受けると、ぐっすり眠れるようになります。

ということは、性欲が落ちてる時に受けると、性欲が回復するのでは?と思って。

 

性欲は、腎という臓腑と関連が深く、それらを刺激するツボというのは存在します。

そして、男性のED治療にも鍼灸が有効ですので、うまくすれば産後の女性にも

効くかもしれません。

 

それって、産後もご主人と仲良くやっていきたい多くの女性にとって

かなり期待がもてるお話だと思うのです。

 

赤ちゃんがなかなかできない・・というお悩みをお持ちのご夫婦にも多いのですが

みんな「やりたくてやってない」ことが多いんです。

 

排卵日前だから。定期的にしておかないと精子の質が悪くなるから。

などなど、基礎体温や病院の卵胞チェックで、義務的にしている場合が多い。

 

ズバリ言うと、赤ちゃんは「やりたい!」と思ってやったほうができやすいです。

そのほうが気持ちいいですし、生殖能力も強くなるのかもしれません。

 

やりたくない、をやりたいに変える。

これって、妊娠を望む望まないにかかわらず、とても大切ですよね。

パートナーといつまでも仲良く、お互い気持ちよく過ごしたいですもの^^

 

性欲が落ちてるな・・と感じているそこのあなた。

鍼灸治療を受けてみるのもいいかもしれません。

お尻にいいツボありますよ!

 

ご希望の方は、恥ずかしがらずに、えみすけにこそっと教えてくださいね^^