鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

便秘を解消するために、まずやってほしいこと

便秘に悩む方ってけっこう多いです。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180320131047j:plain

鍼灸には、便秘を4つの種類に分類して

それぞれのタイプ別にここのツボがいいよー!っていうのがあるんですけどね。

 

あるんですけどね。

あえて言わせてください。

 

 

鍼灸だけで解消しない便秘はあります。

 

なんかわかりにくい言い回しですみません。

 

 

 

便秘の定義は?

以下、厚生労働省HPより抜粋。

便秘とは、便中の水分が乏しく硬くなる、もしくは便の通り道である腸管が狭くなり排便が困難または排便がまれな状態をいいます。

通常は1日1-2回の排便がありますが、2-3日に1回の排便でも排便状態が普通で本人が苦痛を感じない場合は便秘といいません。

しかし毎日排便があっても便が硬くて量が少なく残便感がある場合や、排便に苦痛を感じる場合は便秘といえます。

 

つまり、「便が硬い」「排便に時間がかかる」「残便感がある」などが

便秘といえるそうです。

 

毎日出るかどうかはそこまで問題ではなく、あくまで本人が

「すっきり出ているかどうか」に着目して、わたしも問診しています。

 

 

便秘をほうっておくとどうなるのか?

たかが便秘、されど便秘。

便秘をそのまま放置しておくと、どんなことが起こるのでしょうか?

 

  • お腹が張って苦しい、ガスが出やすくなる
  • 肌荒れが気になってくる、ニキビ・吹き出物が増える
  • イライラしやすい、憂鬱な気持ちになりやすい
  • 大腸の病気になる可能性もある(こわい)

 

なにひとついいことがありません。

 

 

 

便秘を解消するためにやってほしいこと

今日、いちばん言いたいことです。

ここで「鍼灸を試してみてね^^」ていうのは簡単なんですが

その前にまずできることがあります。

 

 

便秘は、食生活を見直してください。

 

 

 

えっ、めっちゃ当たり前のこと言うやーん!と思いますか?

でもすみません。便秘は食事によってだいぶ改善されるんです。

鍼なんてしなくても治ります。

 

 

「言われなくても、わたしの食生活あんまりやと思うわ・・」

という方もいらっしゃるかもしれませんし

 

「食生活、けっこう気をつかってるのに便秘やねんけど・・」

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

なのでここで、超快便のえみすけ(←誰もお前のおつうじ事情興味ないわ)が

すっごい調子よくでるときの食事内容を書いてみます。

 

食生活に不安がある方はまず読んでみてください。

 

 

えみすけのある日の食事内容

朝:豆腐と白菜とマイタケの中華スープ

  もずく酢

  もやし、キャベツ炒めと豚バラ肉

  卵

  納豆

 

昼:スクランブルエッグ

  千切りキャベツ、ゆでもやし、しめじの炒めたやつ

  雪印6Pチーズ

  めかぶ

  サラダチキン(タンドリー味)

 

夜:焼肉

  アボカド

  サニーレタス

 

こんなかんじ。

お気づきかもしれませんが糖質制限してます。

 

気を付けていることは、

 

◎なるべく3食ともに野菜を盛り込む(糖質の少ないもの)

◎きのこ、海藻類を必ず毎日食べる

◎油や肉は避けずにモリモリ食べる

 

これです。

皆さんどうでしょうか。

きのこ、海藻、毎日食べます??(わたしは食べませんでした)

油分、避けずに摂ってます??(油は太る!と思われて、避けられること多し)

 

便秘に悩んでいる方は、これらを意識してみてください。

食物繊維と油分がしっかりあるだけで、食べたものがするすると腸を通過しやすくなって、いいかんじになりますよ!

 

糖質制限してない方であれば、朝に牛乳を飲んだり、ヨーグルトもおすすめ。

 

 

もちろん、食生活のほかにも

・トイレにゆっくり入れる環境をつくる

・歩く時間を増やす(歩くと腸が刺激されて、便意を感じやすくなります)

などなど、できることがありますよ~!

 

 

鍼灸でもおつうじが出やすくなります 

 いやいや、わたし食生活もきちんとしてますよ!という方。

そんな方には、やっと、鍼灸がおすすめです。

 

身体が冷えている、身体に熱がこもっている、

ストレスの影響を受けている、身体が疲れている

便秘をこの4種類に分類して、タイプに応じて適切なツボを使うと

あら不思議!

 

施術したその日か、翌日には気持ちよくおつうじがでることが多いです。

 

しかも、3日に1回だったおつうじが

今では毎日1~2回はでるようになりました!なんて嬉しいお声をいただくこともあります。

 

 

こんなふうに、たしかに鍼灸は便秘に効果的ですが

やっぱり基本は食生活が大事。

欠食が多かったり、食物繊維が足りていないのに、鍼灸だけで

どうこうなるもんではないんですね。

 

 

鍼灸は万能ではありません。

ただ、あなたの身体の力を引き出すお手伝いができるだけです。

 

 

 

健康になろうとおもったら

やはり生活習慣の見直しが基本。

 

食事や運動に気を付けていても、ひとりじゃよくわからない・・

やっぱり出ない(つд⊂)

という方がいらっしゃいましたら

いつでもえみすけのとこに来てくださいね!^^

 

 

↓こちらもおすすめ(身体を治すってことの考え方について語りました)

emisukeharikyu.hatenablog.com