鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

落ち込んでもいい。でもまた上を向こう。

「血液検査の結果が悪かったんです」

 
と落ち込む方がいらっしゃいます。
 
 
鍼灸を受け始めて1ヶ月が経ち
次回こそは…!という意気込みのもと受けた
血液検査。
 
 
前回よりも悪くなっていたら
そりゃあ落ち込みますよね。
 
 
もしわたしが
血液検査の数値だけに着目していたら
きっと同じように落ち込んでいたかもしれません。
 
でも、東洋医学
身体全体のバランスを見る医学です。
決して一つの症状だけにはとらわれません。
 
 
なので、そういったとき、わたしは患者様に
質問をします。
 
 
「最初の頃にあった膝の痛みはどうですか?」
「耳鳴りはどうですか?」
 
アトピーの痒みや湿疹の程度はどうですか?」
「おつうじはでていますか?」
 
 
そうすると、皆さん
「最初より良くなっています」
答えてくださいます。
 
 
 
日常生活では、からだに良い変化が起こり
嬉しいことがたくさんあるのに
血液検査の数字ひとつで心が乱されてしまう…。
 
 
やはり西洋医学は強いな、と思います笑
 
 
 
わたしは鍼灸師ですので
診断はできません。
 
だから、患者様の気持ちを受け止めて
良い部分に目を向けてもらうことを
意識しています。
 
 
「実際に体調が良くなってきている」
そこを感じてもらいたいです。
 
 
そりゃあ、数値もついてきてたら
言うことなしなんですけど
 
「血液検査の数値が正常に近づく」ことと
「身体の不調がなくなっていく」こと
 
どちらが大事なんでしょう。
わたしは後者だと思います。
 
 
 
だから
 
 
血液検査の結果が悪かったとしても
自分が体調いいと思うなら
そこまで落ち込んでほしくないです。
 
 
数値が悪くなっていって
身体に現れる症状も悪化していってたら
だめですけどね。
それは早急に対処方法を変えないといけません。
 
 
 
健康のためには
メンタルってとっても重要です。
 
気持ちが落ち込んだら
わたしが励まします!
 
 
大丈夫!あなたは元気になります!!
 
 
 
身体に悪いかな…と思ってやめてたこと
たまには好きなだけやってください。
 
落ち込んだあとは心に栄養を。
 
 
そしたら
また笑顔になれるといいなー。