鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

「次回予約はいつにしますか?」にまつわる鍼灸師と患者の心理

鍼灸が気になっていて

治療に通いだしたはいいけれど
 
「では次のご予約は〜」
 
って毎回毎回言われるのがちょっと疑問。
 
「いったい自分の治療っていつまでかかるの?」
 
 
そう思っている方はいませんか?
 
 
 
直接、施術者に聞いてみるのが一番ですが
面と向かって聞くのはちょっと…という方に向けて
 
ふだん鍼灸師がどんなことを思って
次回予約を勧めているか、書いてみます。
 
 
 
 
基本的に、鍼灸師側としては
患者さんに「ずっと通ってほしい」と思っています。
 
 
なぜか?
 
 
そりゃ〜
ずっとお金払ってほしいからでしょ
と思われるかもしれませんが、違います。
 
 
鍼灸師は、
あなたの身体を健康にしたいと
本気で思っているからです。
 
 
鍼灸は、即効性があります。
しかも、やればやるほど効果が高まります。
定期的に受けておけば、体調を大きく崩すことも防げます。
 
 
つまり
鍼灸のことをよくわかっている鍼灸師
あなたのことを思えば思うほど
心の底から鍼灸を勧めたくなるのです。
 
 
日常のちょっとしたお困りの症状を聞くと
「それ!鍼灸で解決できますよ!」
と言ってしまうし
 
 
急性の痛みが出た人には
「明日も来といたほうがいいですよ、
絶対ましになりますから!」
と言うし
 
 
すっかり症状が良くなった患者様には
「たまーに鍼灸を受けたり、セルフケアをしておくと
身体のためにいいですよ」
とすすめます。
 
 
これはセールスでもなんでもなくて
本当にそうだから言うんですね。
 
 
現にわたしは、家族に頻繁に鍼灸してます。
 
おばあちゃんなんか週1でしてます。
もう1年以上このペースです。
おかげでおばあちゃんめっちゃ元気だし
87歳やけど海外旅行に毎年行くんです。
 
 
なので、
鍼灸師鍼灸を勧めてくるのは
もうしゃーないと思ってください笑
 
だって身体のこと考えたら言っちゃうんだもん!
てかんじです。
 
 
ただ、もちろん患者さん側の気持ちは違います。
 
「ずっと鍼灸通いたい!死ぬまで通う!」
という人もいることはいますが、少ないです。
 
 
基本的に患者さん側としては
「はやく、通院しなくていいような身体になりたい」
というかんじだと思います。
 
 
 
そこで
患者さん側が
「最終的に自分はこういうふうになりたい」という
治療のゴールを設定することが大切です。
 
 
ただ今の痛みがとれればそれでいい、という方に
メンテナンスは不要でしょうし
 
来月の○○というイベントに向けて美しくなりたい、
などの具体的な目標もいいですよね。
 
 
自分の中ではもう良くなってきたし
鍼灸受けなくてもいいかなと思っているのに
毎回、ナチュラルに次回予約を勧められることほど
ストレスを感じることはありません。
 
 
ちなみに、わたしは必ず
患者様とのゴールを話し合います。
 
もちろんゴールは、
来院された最初の目的から変わることが多いので
その都度、お話して決めていきます。
 
 
必要であれば次回予約を勧めるし
患者様が不要なら勧めません。
(セルフケアは勧める)
 
 
 
なのでもし、
鍼灸治療を始めたのはいいけれど
止め時がわからない…って悩んでいる方がいたとしたら
 
 
自分はどうなりたいか?
をまずはしっかり考えて
 
現時点でその目標を達成しているかどうかを
施術者に伝えてください。
 
 
もうすっかり良くなって
なんにも悩んでませーん!ていう状態ならば
 
鍼灸師側も
よかったー!うれしいー!って終了できるでしょうし
 
 
まだ少し気にはなるけど、でも満足してるし
一旦治療を終わりたい、とかだったら
 
鍼灸師から見て、
まだ通ったほうがいいとかもう終わろうとか
言ってくれるはずです。
 
 
無断で行くのをやめちゃうと
鍼灸師側もけっこう気にしてますので
一言言ってもらえたら嬉しいです(笑)
 
 
 
なんにしても
普段から施術者と患者様がきちんと
コミュニケーションを取っていれば
問題ないことですね(*^^*)
 
 
えみすけには、
些細なことでも
気になることがあればいつでも
LINEしてくださいね。