鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

発達障害に小児はりは有効か?

小児はりを受けられるかどうか悩まれている保護者の中には

 お子さんの発達で悩まれているケースが最近とても多いです。
 
 
まだはっきり診断がついたわけではないけれど
療育に行くか迷っている、という方も。
 
 
発達障害にも小児はりって良いんですか?
 
というご質問もよく受けます。
 
 
 
発達障害といってもたくさん種類がありますが
 
小児はりは、どんなお子さんにであっても良い効果をもたらします。
 
この病気だからダメとか
この障害だからダメとか
そういったことはありません。
 
 
2人の例を挙げておきます。
 
 
自閉症のグレーゾーンのお子様。
お友達とうまく遊べない、
すぐに叩いてしまう、
すぐに怒ったり泣いたりしてしまう・・というようなことでお悩みでした。
 
皮膚過敏もあり、
初回ははりを皮膚に当てさせてもらえなかったので
服の上から、あるいは手のひらだけで施術しました。
 
そんな、ちょっとした刺激だったのに帰り道の自転車でお昼寝したようです。
 
施術3回目までは、毎回、はりのあとは
夕方18時頃に寝てしまっていたようです。
 
ご飯食べてないし、途中で起きてくるかな?と
お母さんは思っていましたが朝7時まで寝たそうです。
 
そして、回を増すごとに、
はりを使って施術できるようになってきました。
 
お母さんが、情緒の変化を感じたのは
6回か7回めぐらいだったそうです。
 
いつもなら、絶対にキレて手がつけられなくなる場面で
お子さんが、耐えたそうです。
 
パニックを起こすと、もうわけがわからなくなりお漏らしもしていたのですが
 
そのお漏らしも、気がつけばずっとしていませんでした。
 
治療の後半は自分から靴下を脱いでくれたり
「それ、僕大好き」と言ってくれたり 
 
はりを楽しみにしてくれている様子でした。
 
施術10回が終わった時点で
お友達にも怒ったり叩いたりしないようになり
お母さんとの生活も、穏やかに送れるようになっていたので、治療を終了しました。
 
 
お母さんいわく、
「ほんとに別人になったみたい」とのこと。
 
また、お子さんの気持ちを
わたしが代弁する場面も何回かあったことで
 
「自分だけだとすぐにこどもを怒ってしまって、
こどもも不機嫌になって悪循環だったけど、
 
客観的にこどもの考えを説明してもらってやっと腑に落ちた。
誰かとこどもについて話せる時間があったことも、わたしには良かった。」
 
と、おっしゃっていただきました。
 
 
 
 
また、次の例では
 
ADHDの可能性があり乾燥肌でお悩みのお子さん。
ステロイドを使わなくてもいいようになりたい、ということでした。
 
 
初回は、治療院のあらゆるところを動き回り
他の患者さんの背中もおかまいなしにペタペタ触っていました。
 
初回は特に、はりに対する恐怖心が強く、やはり、道具を持たずに施術しました。
 
 
翌日の朝、おつうじが快調だったそうです。
 
いつもは、長時間トイレで気張らないとなかなかうんちが出ないのですが
翌朝は自分から「うんち出る」と言ってスッと出たようです。
 
また、ご自宅でもスプーンを使って小児はりと同じようなことができます、と
お母さんに伝えていましたが
 
お子さん自ら「スプーンのやつする」とお母さんにお願いに来て
やって、やってとせがんだそうです。
 
お母さんがスプーンでお子さんの皮膚をなでているあいだは
おとなしく、気持ち良さそうにしていたのだとか。
 
 
2回目の来院時は、前回とうってかわって
 
体に触れることも嫌がらずおとなしく治療を受けてくれていました。
 
そして10回ほど施術が終了した時点で
もうステロイドはまったく使っていませんでした。
皮膚はきれいになり、保湿もたまーにしか塗らない。
 
また、お母さんの言うことをよく聞くようになったそうです。
前はわりと、伝わらないことが多くて癇癪をおこしていたのが
お子さんのイライラしている様子も減ったとお話してくれました。
 
治療のたびに、毎回お気に入りのおもちゃを持ってきて
「せんせいに見せてあげる」と披露してくれます♪
 
お母さんは、はりに通わせて良かったと心底思ってくださっています。
 
 
 
このように、発達障害があるなしに関わらず
 
お子さんやお母さんにとって好ましい変化が必ず現れます。
 
寝つきが良くなったり
ご飯を食べるようになったり
便秘が解消されたり
 
痒みが減ったり
イライラしても怒らなくなったり
穏やかになったり。
 
 
そんな毎日の出来事が変わるだけでずいぶん生活しやすくなりますよね。
 
 
なにより、小児はりはほんとにきもちいいので
お子さんはみーんな大好きです。
 
 
お子さんにとって気持ちいいな、これ好きだな、っていう時間を増やしてあげるのが
 なにより大切だと感じています。
 
 
 
お子さんの発達で悩まれている方がいらっしゃいましたら
お電話やメールなどでもお話をお伺いできます。
 
お気軽にご相談くださいね。