鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

食欲がありすぎて困っている人におすすめのツボ

こんにちは!

長崎はりきゅう接骨院の長崎ですニコニコ

 

こないだ、チーズビットがどうのこうのっていうブログを書きましたが、

皆さん、間食はしますか?

してる人、正直に手をあげてみてください(なんでや)。

 

はい!はーーーい!!!(^▽^)/

 

 

痩せたいけど間食がやめられない

明らかに間食のせいで体重が増えてきている

ついついいつも食べ物を探して戸棚を開けている

 

今日は、そんなあなたにとっておきのツボをご紹介しますニヤリ

 

食欲というのは、その人の元気さを示す

とっても大切なバロメーターです。

 

食欲がない人、

食欲はあるんだけどいざ食べようと思うと食べられない人、

食後すぐにお腹が張ってしまう人、

食べても食べてもお腹がすく人・・

 

わたしたち鍼灸師は、こういった食欲の状態からも

その方の体質を判断しています。

 

鍼灸を受けると、食欲は正常に近づきます。

つまり、食欲がなかった人はお腹がすくようになりますし

食欲が異常に亢進していた人は落ち着きます。

 

 

わたしたちは毎日、食事をして生きています。

つまり、食欲に異常があるということは、それだけで

身体の調子を崩している可能性があるんですね。

 

東洋医学では、消化吸収に関係する働きは

「脾(ひ)」というものが担っていると考えています。

 

この「脾」は「胃」とも密接な関係がありまして

脾胃、といっしょくたに説明されたりもします。

 

この脾胃の働きが落ちている時、食欲に異常が現れます。

 

今回の場合のように、

食欲がありすぎて困っている場合というのは

「胃の火が強すぎる」という可能性が考えられます。

 

胃はもともと、食べ物を受け入れ、成熟させ、

それを腸などに降ろすという働きがあります。

しかしそこに熱が加わると、胃の働きが悪くなり、

本来下がるべきものが上がってしまいます。

 

こうなると、げっぷ、しゃっくりが多くなったり、

胃もたれが起こったりします。

また逆に、胃の働きが過剰になりすぎると、

食べても食べてもすぐに食べ物が腸に送られるので

食べても食べてもめっちゃおなかすくわ!となります。

 

胃の火が強くなる理由としては、

疲労やストレス、脂っこい食事やアルコールの飲酒などがあります。

そしてこのときに甘いものを食べ過ぎると、

お顔にニキビができてきたりします・・えーん

女性だと、生理前に胃熱で食欲が増える人も多いですね!

 

 

つまり、食欲を抑える治療としては、

いかに胃の熱をとってあげるかということと

脾のはたらきを助けてあげるかということが大事です。

 

そこで、足のツボを3つご紹介。

足の人差し指の付け根あたり 「内庭(ないてい)」

足首の真ん中あたり 「解谿(かいけい)」

 

この2つは、どちらも「胃経」という経絡上にあります。

ここにせんねん灸、あるいは円皮鍼(えんぴしん)を貼ると

病的な食欲はおさまりますウインク

 

足の親指、外反母趾になりやすい出っ張りの、すこし後ろ

公孫(こうそん)」

 

ここは、脾を補ってくれる、とても大切なツボです。

下痢をしているときもおすすめですよ!

毎日やってると、脾が強くなりますし、むくみにくくなります音符

 

 

また、お腹がすいているわけではないのに食べちゃう・・

という方は、精神的に不安定かもしれません。

 

食べることが、ただただ習慣になっている場合もありますが、

食欲を満たすことで心の安定をはかっている場合もあります。

そういう方には、耳つぼもおすすめ!

耳にはたくさんのツボがあります。

たぶんググってみると、死ぬほどでてくると思います。

 

その中でも、精神的過食を止めるツボをご紹介します。

「神門」 「胃」 「内分泌」この3つです。

位置は・・だいたい写真から判断してください(笑)

 

耳には、お灸も円皮鍼もできませんので、

鍼灸師に「金粒」「銀粒」などを貼ってもらうか、

自分の指で押すかどっちかですかね~。

おしゃれでかわいいジュエリータイプのシールを貼って

くれるところもありますよピンクハート

(・・と思ったら、Amazonでも耳つぼシール売ってました。

すごいねAmazon!)

 

 

そんなわけで、お腹がすいてすいてしょうがねえ!

というかたにおすすめのツボのご紹介でした(*'ω'*)

 

でも、お菓子って、おいしいですよねーラブ