鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

鼻水・鼻づまり…花粉症がつらいあなたにおすすめのケア

目が痒い、鼻水が出る、鼻がつまる…

 

そろそろ花粉症出てきたかな〜という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

花粉症の薬は色々とありますが

薬を飲むときに気になるのが副作用。

 

 

眠くなる

身体がだるくなる

のどが渇きやすくなる

 

こういうのがしんどいから

あんまり薬は飲みたくないんだよなーという方もけっこういらっしゃいます。

 

 

そんなとき、試してほしいのが鍼灸です!

 

セイリン パイオネックス(100本入) 0.6mm

セイリン パイオネックス(100本入) 0.6mm

 

 

こちら、「円皮鍼(えんぴしん)」というアイテムで、皮膚に短い鍼を貼り付けるシールです。

 

花粉症に効くツボに貼れば、なんとなく症状がましかも?と思っていただけます。

 

 

また、花粉症などのアレルギー体質を改善したい!とお思いの方は「お灸(きゅう)」もおすすめ。

 

せんねん灸.オフ伊吹170点

せんねん灸.オフ伊吹170点

 

 こちらは、ライターと灰皿さえあれば誰でも気軽にお灸が楽しめる代物です。

 

なるべく毎日お灸を続ければ、そのうちに絶対身体は変わります。

花粉症の症状もましになりますよ。

 

 

そしてさらにおすすめしたいのは

鍼灸院にてプロの鍼灸師から施術を受けることです。


f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180218195626j:image

 

鍼灸治療を受けると、花粉症だけでなく

アレルギーの症状全般の症状が軽減することが知られています。

 

たとえば、アレルギー性鼻炎、季節性鼻炎、食物アレルギー、ぜんそくアトピー性皮膚炎、じんましんや湿疹など。

 

今の時期のように、症状かぽつぽつ出始めた時期からしっかり治療しておけば、今シーズンはらくに過ごせます。

さらに、来年以降も症状が軽減したまま過ごせることもあるので、花粉症の薬が要らなくなったなんていう方もいらっしゃるんですよ。

 

 

また、鍼灸は、薬の副作用をも軽減します。

眠くなる、だるくなる、喉が渇く…これらのマイナス症状を抑え、薬の良い効果だけをしっかり効かせます。

 

 

花粉症は薬飲んだららくになるし、薬飲んでも別に副作用なんてないよ!

 

という方には不要の情報ですが、

毎年の花粉症に悩まされていてこの時期の外出が億劫であるとか

薬の副作用がきつくてあんまり薬を使いたくないとか

花粉症以外にも身体の不調があれこれあるとかだと

迷わず鍼灸をおすすめします(*^^*)

 

 

ちなみに、セルフケアのツボはここ!


f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180218200301j:image

 

沢田流神門(さわだりゅうしんもん)

小指の手首側にあります。

多少ズレてても効くと思うので、騙されたと思って一回ケアしてみてくださいね。

 

 

身体にある「ツボ」をうまく使って、毎日をらくに過ごせるようにしていきましょう(*´∀`*)

 

emisukeharikyu.hatenablog.com