鍼灸師えみすけのブログ

住吉区のママ鍼灸師 えみすけのブログ

大阪市住吉区で鍼灸治療をしている、鍼灸師えみすけ(長崎絵美)のブログです。

「産後うつ」を考える

数日前、こんな記事がありました。

www3.nhk.or.jpsanngo

 

以下、記事より引用です。

 

出産したあと1年未満の間に自殺した女性はおととしまでの2年間に少なくとも92人に上ることが、国立成育医療研究センターの調査で初めてわかりました。出産後1年未満の女性の死因では最も多く、専門家は、多くが産後のうつが関係しているとみて、母親の支援体制を充実させることが必要だとしています。

出産したあとの女性は体調や生活リズムが大きく変化することなどで10人に1人の割合でうつになると指摘されていますが、自殺にまで至るケースがどれくらいあるのか、実態はわかっていませんでした。

国立成育医療研究センターのグループは、おととしまでの2年間のデータを使って、出産後1年未満に死亡した女性の死因を調べた結果、自殺が92人と最も多く、次いで、がんが70人、心疾患が24人と続きました。

自殺のあった時期では、出産後1か月ですでに10人に上り、1年を通して起きていたほか、年齢別にみると、35歳以上で自殺に至る割合が高くなっていました。

 

なんて恐ろしい記事でしょうか。

 

せっかく長い長い妊娠期間を乗り越え、赤ちゃんに会えたのに

産後1カ月で10人の方が自殺をしてしまう現実。

 

しかもそれは、高齢であればあるほど、可能性が高くなるとのこと。

 

 

わたしも以前、こんな記事を書きました。

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

当院には、

妊娠中の女性、そして産後の女性が多く来院されます。

 

その中でも、わたしが特に気にしているのは

「出産後のお母さんの心身の状態」です。

 

 

出産って、当たり前ですが、赤ちゃんを産んだらはいおわり!ではなくて

そこから一日も休むことなく育児が始まるわけです。

 

妊娠期間中、お母さんが「産後のこと」に想いを馳せたり

「産後、自分の心身がどのようになるのか」を想像する期間は

実はそんなに多くないのかもしれません。

 

 

というのも、先日

妊娠中から当院で鍼灸施術を受けており、無事に出産された

とある女性とお話していたのですが

 

 「産後、こんなことになるなんて聞いてなかった」

 

とおっしゃっていたのです。

 

 

具体的には、

・赤ちゃんへの授乳方法がほんとにわからない

・乳首やおっぱいトラブルが多くてつらい

・身体じゅう痛いとこだらけ(主に骨盤まわりがグラグラ)

 

みたいなお悩みです。

 

 

ありがたいことに、その方はお電話でちょこちょこ質問をくださったり

産後も施術に通ってくださっているので対応できていますが

 

これ・・誰にも頼る人(または聞く人)がいなかったら

ほんまに病んでまうで・・とほんとに思います。

 

 

記事にもありますが、

産後の女性のサポートを手厚くするには

妊娠中からしっかり周りが状態を把握するべきだなと思っています。

 

妊婦さんに関わるすべての専門家や医療機関

 

妊娠中になにかトラブルを抱えていないか、

出産への不安はないか、

産後の生活がある程度安心してできそうな展望があるか、などなどを

 

ヒアリングできればいいのではないかなと。

 

 

微力ながら、わたしも

住吉区近隣の妊婦さんに関しては

妊娠中から産後までしっかりとケアをするべく

 

鍼灸施術中にお話を聞かせていただいています。

 

 

女性は、ホルモンバランスの影響を強く受けてしまうので

気持ちや体調が不安定になることは仕方がないことです。

 

でもそこで、「自分はなんてダメなんだろう・・」なんて思わないように

気持ちも、体調も、わたしがしっかりサポートします!

 

 

自殺を選ぶ方が一人でも減るように

産後の女性をあたたかく見守り、必要に応じて支援できる社会にしないとなって

強く感じました。

 

 

そして、

まずは夫婦で助け合えるように

 

一番身近にいるご主人にも

「妊娠中~産後の女性の状態」について

きちんと知っていただきたいなあと個人的に思います。

 

 

ちょっといま、

わくわくする試みを企画中です。

 

お楽しみにお待ちくださいね^^

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180202075703j:plain

 

第3回 えみすけのお灸講座レポ

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905081154j:plain

今回はお灸Tシャツで講座してきました♪

 

 

このTシャツ、ほんまにかわいいので、

「わたしも欲しい」っていう方がすごく多いんですよね。

 

 

こちらで買えます♡キッズ用もあるのでおそろいもかわいい。↓

okyudo.thebase.in

 

 

今回も、皆様のおかげで、終始、笑いの絶えない楽しい講座となりました。

 

 

このお灸講座の目的は

 

・お灸をもっと身近に感じてもらうこと(こわくない、面倒くさくない)

・お灸ってすごい!と感動してもらうこと

・日常生活のあらゆる場面でお灸を取り入れてもらうこと

・自分の身体をケアするということに意識を払ってもらうこと

 

などです。

 

どうしてもお灸って

「高齢者(昔の人)がするもの」というイメージがあるようで

わたしには関係ないかも・・って思われがち。

 

 

でもわたしはそこを変えていきたいんですね。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905082059j:plain

 

いま、お灸はほんとに色々な種類があって

「熱そう」とか「臭そう」とかの不安を払拭するような商品がわんさかあります。

 

www.instagram.com

こちらはせんねん灸京都ショールームさんのディスプレイなんですが

色とりどりのお灸たち、ほんとにかわいい。

 

こういうのをお気に入りの容器に入れて、

ベッドサイドに置いておくのって、とっても素敵じゃないですか?

 

香りもいい、見た目もかわいい、そして身体にもいい。

 

お灸ってすごいんやで!ということをもっともっと伝えていきたいですね。

 

 

今回も、まずはみなさんでお灸のもととなる「もぐさ」を作ってもらうところから

スタート。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905083252j:plain

皆さんけっこう動画とか写真を撮ってくださって

SNSにアップしてくれたみたい。うれしい。

 

すりつぶすのは大変だけど、途中からさらによもぎの良い香りがしてきて

みんなで癒されていました。

 

今回、写真を撮ってくださった奥田隆史先生も、がんばってゴリゴリ。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905083615j:plain

 

そしてそのあと、

皆さんが作ってくれたもぐさを使って、生姜灸というお灸を体験してもらいました。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905083720j:plain

 

昔の人は、とにかく身近なものを使って

いろいろなお灸をしていたんですよ~っておはなし。

 

生姜以外にも、にんにく、味噌、塩、びわの葉などなど・・

「これ身体に良さそうちゃう?!」ってものをどんどん試してたんでしょうね。

 

もぐさを皮膚にのせて、火をつける。

 

これだけのことなんですが、

お灸をしていると身体の調子がいい、ってことを

昔の人はちゃんと知っていたのですね。

 

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905084010j:plain

 

あと、わたしがいつも講座で気を付けていることは

 

参加者さん同士が楽しく交流していただくこと。

 

 

わたしがしゃべって、ほかのみんなが黙って聞く・・というような講座は

過去に一度もありませんw

 

せっかく同じことを同時に学ぶのですから

楽しいほうがぜったいに頭に入りますよね。

 

みんなで自然とお話したり、コミュニケーションがとれるような

雰囲気づくりを心がけています。

 

 

お灸って、コミュニケーションにも役立つのです。

 

 

自分で自分にするときだって

自分の皮膚をよく観察して、自分と対話しますし

 

家族や大事な人にやってあげるときだって

「ここが痛い?」「ここはどう?」っていたわりの気持ちが生まれます。

 

 

ひとりでも、親子でも、夫婦でも、

お灸をしてあげる時間は、とってもやさしいものなんですよね。

 

自分や誰かのことを大切に考える時間を

一日のうち5分でももてるというのは

忙しい現代人にとってとても大切なことだと思います。

 

 

病気になったら病院にいく、薬をのむ

もちろんそれは必要で、大事なことなんだけど

 

体調をくずさないように、ちょっとしんどいなーと思ったときに

ゆっくり休んだり、食事に気をつけたりするように

 

お灸をする、という選択肢をもっている人は強いですよ。

 

 

講座の後半は、みなさんの日常生活で

「こんなとき、どこにお灸したらいいの?」というシーン別に

ツボを解説していきました。

 

みんなけっこう

「え、じゃあこういうときは?」

「あれにも効くツボってありますか!」

って熱心に質問してくださって

 

わたしがぜんぶに対して

「それだとこのツボですねー」って答えるもんだから

 

「ツボってすごいな!なんにでも、ちゃんと効くとこがあるんですねー!」

「ていうか、えみ先生なに聞いても答えますやん笑」

 

って感動してもらえました。えへ笑

 

 

きっとこの日、みなさんの頭の中には

「なにか困ったことがあったらとりあえずお灸してみよう」

っていう気持ちがうまれたはず。

 

鍼灸師としては、その気持ちがいちばん嬉しいんです(*^v^*)

 

 

ぜひこれからも、

日々の生活にお灸を取り入れていただければ幸いです♪

 

最後に、みなさんの感想アンケートはこちらっ

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905085516p:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905085523p:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905085530p:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180905085538p:plain

 

皆様、ありがとうございましたー♡

 

【モテる】鍼灸師の特徴と【関西若手鍼灸師の会】のふりかえり

先週の日曜日、【第二回 関西若手鍼灸師の会】という

ただの飲み会がひらかれました。

 

ちなみに第1回の様子はこちら↓

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

ばばん。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826151051j:plain

 

えー!規模!!規模やばい!!!!笑

 

なんと150人ぐらい集まったそうです。

しかも関西、てゆうてるけど東京とかからも来てはったみたい。

 

鍼灸師や、鍼のメーカーさんなどが集まって親睦を深めるこの飲み会

特に参加したからどうなるってもんでもないんですが

 

めっちゃくちゃ楽しかった。

 

 

ふだん、あまり他の鍼灸師と仲良くなる機会なんかが少ない人には

いろんな人と話せる絶好のチャンスだったと思いますし

 

ふだんからSNSで交流がある人たちにとっては

ただのオフ会でした笑

 

 

さて、

わたしは最近考えていることがあります。

 

特にこの飲み会でいろいろ観察してたら、より確信に変わった。

あのねぇ、鍼灸師は飲み会に行ったほうがいいですよ。

 

 

 

 

モテる鍼灸師は患者さんからも好かれやすい

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826151644j:plain

 

ちょっと前にこんなつぶやきをしました。

 

これって、いろいろ解釈できるけど

「モテたい鍼灸師がいる」ってことだとすると

現状、その人はモテてないわけで。笑

 

きっと、どうやったらモテるのかな?

実際にモテてる人はいるのかな?ってことが知りたいのかなあ?

 

 

以前こんな記事を書いたんですが

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

わたしが思うに

モテる=患者さんからも好かれやすい

 

ってことにつながるんですよね。

男女問わず、魅力的な人って自然と人が集まってくる。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826152732j:plain

 

鍼灸師にとって一番大切なのは、まず治療技術。

そして知識の豊富さ。

 

でもそれに負けず劣らず大事なのは、やっぱり人間性

 

「この人に会いたいから、治療院に行く」という動機をもってもらえれば

患者様とより良い関係を築いていけるはずです。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826153021j:plain

 

「この人に会いたい」って思われるってことは

それはもう「この人のことが好き」と同義だと思います。

 

 

つまり、患者様に好かれている鍼灸師はモテるといっても過言ではない。

 

ということは、施術者がモテるかどうかということは

鍼灸院経営にも関わってくるお話なのです。

 

 

あーこの人間違いなくモテるよねって感じる人

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826154359j:plain

①人が喜ぶことをすすんでやってくれる

 

この上の画像ね、シャンパンタワーもすてきなんですが

このわたしの名札。女の子のイラストが描いてあるでしょ。

 

こちら、シータオさん(https://twitter.com/xidaoxiuliang)という方が

その場で描いてくださったイラストなんです。

 

わたしの「えみすけ」というキャラを描いてくださっているのですが

まさか当日、即興で、名札に描いてもらえると思ってなくて。

しかもかなりかなり真剣に、丁寧に描いてくださって・・もうほんま感激でした。

 

こんなふうに、

別にその人自身にメリットがあるわけではないのに

相手の軸にたって何かを提供してあげられる心の持ち主って

なかなかいないと思います。

 

たいていの人は、損得で考えるし、メリットがなければ動かないのがふつう。

 

でもそこを、「たのしいから」「その人が喜んでくれるから」の精神で

自然とできてしまうのって、やっぱりモテる人だよなあと思います。

 

 

②さりげなくボディタッチする

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826155249j:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826155302j:plain

これにあてはまる人は飲み会でも数人いました。

 

全然いやなかんじじゃなく、「おー!来てたのー!」みたいなかんじで

自然とハグしたり、腰に手をまわしたり。

 

相手の身体に触れることへのハードルが低い。

 

 

触れる、っていうのは、ストレートに愛情表現になりえる行為。

嫌いな人には触れません。

つまり、

触るという行為は「わたしはあなたを好きですよ」というメッセージなわけです。

 

自然と相手に触れられる人は

自分の好意を人に伝えることに抵抗がない人だと思っています。

 

 

でもこれ、もちろん苦手な人はいて。

触るのも、触られるのもあまり得意ではないという方もいますので

そこらへんは見極めが大切。

 

いやな人から触られたら不快でしかないですもんね笑

 

でもたぶん、こういうナチュラルに人に触れる人は

「自分のことを快く思ってるであろう」相手にしか触らない気もします^^

 

 

③自分に自信がある

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826155929j:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826160423j:plain

(写真ボケボケシリーズ)

 

モテる人って、話がおもしろい

しかもわかりやすいんですよ。

 

「それはつまり・・ということではなくて・・どちらかというと・・」

みたいにモゴモゴいわない。

 

「これはこうだよ」って、スパッて言い切ってくれる。

ある種の強さというか、芯、みたいなものを感じることが多いです。

 

だから一瞬でキュンとなれるし

ついていきます・・(^q^)ってかんじになっちゃう。

 

でもそうやって言い切るには「自信」が必要なんですよね。

自信がなければ、あいまいな表現になるので。

 

自信をどうやって構築してきたかは個人差があるだろうけど

やっぱりその自信を裏打ちするだけの努力があったのだろうなって思うから

わたしは自信家の人が好き。

 

④人のことをきちんと尊重して、褒められる

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826161731j:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826161718j:plain

 

人のことを褒める、ってけっこう難しいことなんですよね。

見当違いなことを褒めたら、逆に失礼になっちゃうし。

しかも、なんとなく人のことを褒めるなんてシャクだ!って感じる方もいるかも。

 

モテる人は、ガンガン人を褒めます

もう、褒め言葉のシャワー。浴びてて心地よいったらありません笑

 

しかも的確に、「そこに気づいてくれるなんて・・!」というポイントを

褒められたり評価してもらったりしたらもう、ころっと堕ちちゃいますよね。

 

素直に人を褒められるということは、相手を尊重しているということ。

つまり相手に対して敬意をもっているのです。

これって、人間関係を築くうえでいちばん大切なことかもしれないですよね。

 

 

飲み会では、心のバリアが取れやすい

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826162809j:plain

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826162817j:plain

こういう人間の魅力って、やっぱり一人でいてもなかなか磨かれないと思うんです。

 

魅力的な人に触れるからこそ、刺激になる。

そしてそれは、勉強会や学会のようなカッチリした堅苦しい場よりも

今回の飲み会のようなゆるい場のほうが、いろいろと好都合なんですよね。

 

 

お酒が入ることで、

ふだん自分を守っているバリアが弱まりやすくなり

より心が近い距離でお話することができる。

 

なにより「楽しい」って思えることが脳にもいいストレスになるし、

自分の想いを人に伝えればアウトプットする力もつきます。

 

 

そしてなにより、「この人いい人やな・・すきやな・・」って思う人が増えるので

自然と自分から“好き好きオーラ”が出まくります。

 

そうするとまた、

同じように自分のことを好きって思ってくれる人も増えるので

結果、モテやすくなる!

 

 

もうこれ、モテたい人は頻繁に飲み会行くべきでしょ。

呑めば呑むほどモテるでしょ(暴論)。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180826162829j:plain

 

そんなこんなで、

完全に個人的な意見でモテる人の特徴を書いてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

 

「自分、モテるほうだけど、あんまりあてはまらんぞ」とか

「モテるための個人相談」とか

おもしろそうなんで、なんか感想もらえたら嬉しいです(*^_^*)

 

 

 

 

「月曜断食」を2カ月やってみた!その感想と身体の変化について

いまや、しらない人はいないんじゃないかってぐらい

世間で注目を浴びている養生法

 

「月曜断食」

 

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

 

 

はえみすけも、6月18日から始めてました。

自分が試してみて、良かったら患者様にもおすすめしようと思って

軽い気持ちでスタートしたんですが

これが思いのほか、ほんとにほんとに楽しくって。

 

最初は28日経ったらレポ書こうと思ってたんですが

「いやこれ・・29日以降も続けたいぞ」と自然に思えまして

2カ月経ったのでそろそろ感想書こ!とおもった次第です笑

 

今日のブログは

 

月曜断食、ちらちら目にするし、気にはなってはいるんやけど

「断食」ってな~~自分には無理なんじゃないかな~~って人に

是非読んでほしい内容になってます。

 

 

 

えみすけが今までに取り組んできたダイエット

わたし、ポテトチップが大好きで。

小学校高学年からポリポリ食べてたら、めっちゃ太ってですねw

 

超デブ!てかんじではないものの、顔はまるいし、パンパンやし

ずっと見た目にコンプレックス抱えて生きてきました。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180822160410j:plain

これ19歳ぐらいのときです。

ちなみに顎まわりにめっちゃニキビできてるのわかりますかね・・。

 

食べ過ぎて、いつも胃腸乱れてたので、常にニキビできてる人でした。

あと、左頬が盛り上がってるのは、

小学生のとき顔に傷ができてその手術痕のためです。

 

 

大学で仲良くしてた女の子たちはみーんなスタイルよくて

めっちゃ美人やったんです。

なんとかみんなに近づきたくて、せめて痩せたい!と思ったわたしは

いろんなダイエットを試しました。

 

特定の一つしか食べない〇〇ダイエット的なもの、

脂肪燃焼スープ、

やってみたけどどれもいまいち。

 

そこでついに、えみすけは、高額なダイエット商品に手を出します。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180822161023p:plain

これ。有名なこれ。

 

夕食をこれに置き換えて、総摂取カロリーを減らすという

いわゆる置き換えダイエットです。

 

これね、1食1200円相当なんですって。

これをどれぐらいやったかな・・たぶん3か月はやりました。

 

単純計算で

1200円 × 30日 × 3か月 = 108000円

 

ぎょえー!!

大学生のわたしのどこにそんなお金があったんや・・!

 

 

 

ちなみにこれ、確かにめっちゃ痩せました。5キロぐらい。

 

ほんですぐリバウンドしました。

当然ですよね。

食べる量減らして体重落として、食べるようになったら増えた。納得です。

 

 

これやってる間ずーーっとわたしが思ってたのは

「おなかすいた」

これでした。

 

 

こんなドリンクでお腹がふくれるかー!

スープタイプとか全然おいしくないし!

毎晩毎晩、晩御飯がこれって、ほんまに食事が楽しくない・・

 

 

がんばってはいたものの、心も体も満たされた状態ではなかったです。

 

 

なんやったんでしょうね・・108000円・・(遠い目)

 

 

 

で、それ以来

社会人になってからというもの、そんなにたいしたダイエットはせずここまできて

気が付いたら、

大学生の一番痩せてたときよりプラス9キロぐらいで生きてます。

(人間って伸縮自在!こわい!!)

 

 

食べる量を減らしたら3キロぐらいは落ちるんです。

でも、気を抜くとまた太っちゃう。なんせ食べるのが大好き。

 

こんなわたしが「月曜断食」。

 

できるのか?って最初は思いましたが

本を読んだら、ものすごくわかりやすくて

「なるほど」がいっぱいありました。

 

本を読むと、できるかなぁ・・ていう不安はすぐになくなっていて

むしろ、「もうすぐにでも始めたい!」ていうわくわく感が勝ってました。

 

本を読んですぐに実行したくなる、それが月曜断食の魅力の一つです。

 

月曜断食を2ヵ月間やってみた率直な感想

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180822170915j:plain

めっちゃ楽しい。

感想はこれに尽きます。

 

不安だったのは

 

「一日なにも食べなかったことがないので、夜までもつのかな」

「おなかすきすぎて眠れなかったらどうしよう」

「なんならフラフラになって倒れるのでは」

「てゆか、家族はみんな横でごはん食べてるのに自分断食とかどんなプレイ」

 

っていうようなことですね。

 

で、実際やってみて思ったのは

「おなかはすくけど、案外夜までいける」

「おなかすいてても寝れる」

「全くフラフラにはならなかった」

「今までどんだけ無意識に自分が食べ物を口に入れてたか実感できた」

 

こんなかんじです。

 

こどもの残したごはんを、

もったいないなーもーとかブツブツいいながら全部食べてたんですよね。

それをやめたら、ほんとに、必要な量しか用意しなくなって。

 

あれ、ひょっとしていままで作りすぎてたんかなって思いました。

 

 

でね、月曜断食の何が楽しいかってやっぱり

Twitterなんですよね。

 

たとばこの方、

月曜断食の本を買って、ハッシュタグをつけて、つぶやいただけなんですが

66イイネ、17名の先輩断食メイツさんからコメントがよせられています。

 

 

なにこのあったかい世界・・!

 

 

そうなんです、この月曜断食のすごいところは

仲間がいっぱいいるところ!(ほんでみんなやさしいねん)

 

ひとりだとくじけそうになることって多いけど

悩んだり困ったりしたときはハッシュタグをつけてツイートすれば

 

同じように断食してるお仲間さんや

時には著者である関口先生みずからが返信くださったりします!(どんだけ優しいの)

 

 

わたしも、毎日タグつけて朝に体重を報告するようにしてたら

みんなとコメントやりとりできたり

いいね押してもらえたりして

すっごいモチベーション上がりました。

 

 

なんでみんながこんなに優しいかっていうと

関口先生が本でも書かれていますが

 

ダイエットの成功には、

セロトニンという幸せホルモンを出すのが大事だからです。

 

しあわせだな~って感じたら

身体はもっと痩せやすくなるんです。

 

このセロトニン

人に優しくしても、人から優しくされても、出ます。

相互のコミュニケーションがあればもっと最高ですよね!

 

さらにわたしは鍼灸師なので

月曜の断食日にあわせて自分にもなるべくお灸をしていたので

さらにセロトニンが出やすくなっていたんだと思います。

 

 

置き換えダイエットのときと比べると

たしかにお腹がすくときはあるけど、でも全然つらくない。

あと毎日が楽しい。

これが大きな違いでした。

 

月曜断食のおかげで、もっと仲良くなれた人もいるし

つながったご縁があります。

もう、これってただのダイエットじゃないですよね!w

人生に影響与えてもらってますよ・・。ありがたやー。

 

つらいことって続かないけど、

楽しいことは進んで続けたいと思う。

ここが、月曜断食の大きな魅力なんだと思います!

 

 

月曜断食を2カ月やってみて、変化したこと

何個かあるのでそれぞれ見ていきましょう

 

体重が4.9キロ減、体脂肪は3.7%減

こちら体重のグラフです。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180822162533p:plain

赤い◇のところが断食日。

だいたい土日でちょっと増えて笑、

月曜にもどしていくというかんじ。

 

正直いいますと、このお盆でだいぶ乱れまして

ここ1週間ぐらいグラフが横ばいなんですけれども・・

それでもなんとか体重は4.9kg減

体脂肪も、2日前に底値更新して、3.7%減りました。

 

減るスピードとしては遅いほうかもしれないんですけど

本人、めちゃくちゃ満足しておりますw

 

だってだって、

お盆期間中、ほんまに食べて飲んで、乱れまくってたんですけど

それでも1キロちょいしか増えてないの。

 

しかも、月曜断食のいいところは

「増えてもまた断食で減らせばいいや」って思えるところなんです。

 

食事って、一生のことだから

継続した習慣をつくることがとっても大事。

 

月曜断食なら、一日だけだからそんなにつらくないし

ずっと続けたいなーって自然と思えるんですよね。

これってすごい。

 

 

朝が早起きになって、すっきり目覚められるようになった

夜、胃の中にものが少なくなると目覚めがいいんだなって実感しました。

以前、1カ月だけ糖質制限をしてたことがあって

そのときも思ってたことなので、これはもう確実。

夜に糖質を抜くと、翌朝の目覚めがよくなります。

 

なんで1か月しか糖質制限しなかったかっていったら

やっぱり、つらかったからです笑

パンー!ごはんー!ラーメンー!ドーナツー!お好み焼きー!!!

って定期的に叫びたくなるので、だめでした。むりでした。

 

月曜断食なら、これらも土日は食べていいんですよ・・うふふ。

もちろん大好きなポテチも食べられるよ!

 

 

朝起きるのが早いと、一日を有効に使えます。

しかも朝もヨーグルトと果物って決まってるので用意するのがらく。

そのぶん、労力を別のところにまわせるかんじ。

これはいい。

 

そんで、ついでに早寝になりましたね。

遅くまで起きてるとなんかついつい食べちゃうときがあったりしてたけど

早く寝ると痩せる!っていうのを読んでからは

極力早く寝るようにしてます。ほんと健康になったなと思います。

 

 

そんなに量が食べられなくなって、ほんとに必要な量がわかるようになった

断食のあと、火曜から金曜は、良食日。

からだに良いものを食べる日です。

スーパーにいって、これは土日に食べれるやつ・・!と我慢して

週末を迎えると、食欲が爆発します!

 

さーー食べるぞー!!って意気揚々と口に運ぶんですけどね

 

意外とすぐお腹いっぱいになる自分に気づくんですよね。

ちょっとたべたら、もういいやって思える。これすごいこと。

 

前までは、おなかがすいてないのに、「食べたいから」食べてた。

空腹じゃなくて食欲に負けてたかんじです。(今もたまに負けますけどw)

 

身体の声を聞けるようになったっていうのは、ありがたいことですよね!

 

 

お肌がきれいって言われることが増えた

さっきの19歳のときの写真ではニキビだらけでしたけど

20代半ばで鍼灸に出会って、わたしほんとにお肌がきれいになったんです。

でも、それでもこの2カ月はさらに

お肌を褒められることが多かったです。

 

美容鍼を受けに来られた患者様に、鍼の効能を説明していると

 

「いやもう・・その説明よりなにより、先生のお肌がきれいすぎて。

説得力ありすぎですわ」

って言われたこともあります。

 

そういえば、生理前はまだニキビができやすかったのに

ここ2回の生理は肌荒れもしてません。

月曜断食・・やばないですか?すごすぎませんか??w

 

 

まとめ:月曜断食、気になってるなら始めてみて損はなし!

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180822171925j:plain

実際、わたしの治療院に来られる患者様にも月曜断食を勧めてみたところ、

すぐに2名の方が始められました。

(こないだ3人目もスタートしました)

 

2名の方は、どちらも4キロぐらい痩せていて

すぐに結果を出されています。(すげー)

 

 

同じように、興味を持ってる人はもっとたくさんいます。

でもみんな「断食?むりむり!だって食べたいもん~!」てかんじで

やる前からあきらめてる人が多い印象。

 

いやほんまわかります。

わたしも断食とか、このわたしにほんまにできるんかなあって心配してた。

でも、断言しますけど、全然いけますよ

 

がんばったぶん、身体は確実に変わる。

身体が変われば、意識も変わる。

意識が変わったら、行動も変わって、毎日楽しくなる。

 

こんないい連鎖を生むのって、すごくいいスパイラルですよね。

 

 

もし、ちょっとでも迷ってて、

気にはなるけど実際どうなんよーって調べてる人がいたら

友達になりましょう笑

 

悩みと不安は払拭できます!

 

そして、いざ始めてみたら、すっごく優しいお仲間さん達に出会えますから(*^^*)

 

 

先日、関口先生にもお会いできて、直接

「えみすけ、痩せたねー!きれいになったねー!」って褒めていただきました。

 

超うれしい。(セロトニン

 

もちろん、自分だけでも超うれしいんですけど

こんなふうにうれしくなる人がもっともっと増えたら最高やなーと思って

ブログ書かせていただきました^^

 

 

来年の4月、長女の小学校入学式に向けて

かわいいママを目指すぞー♡

まだまだがんばります、月曜断食!

 

最後になりましたが、関口先生、こんなに素敵な本を書いてくださって

本当にありがとうございました。

間違いなく、たくさんの人々の人生に影響を与える良書です( *´艸`)

 

 

月曜断食のことがもっとよくわかる、ケアクルさんの記事はこちらから

media.carecle.com

【セミナーレポ】8.19ブランド人になるための美容鍼セミナー

日曜日は、新大阪にある東洋医療専門学校さんにお邪魔してきました!

ずーっと前から楽しみにしていた、このセミナー!

 

世界のシンツバ×倉内夕先生による、

「圧倒的に患者に支持される美容鍼灸セミナー」です(長い)。

 

今回は、えみすけも裏方として

チラシ作成に関わらせていただいたり、

当日もカメラマンとして参加させていただきました。

 

 

 

わたしがシンツバ先生のセミナーですきなところのひとつは、まずこれ。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821084913j:plain

 

セミナーの感想を、ハッシュタグつけて、Twitterでつぶやいてください」

 

こんなん言わはるんですよねー。

 

 

鍼灸師って、勉強が好きな人が多いので

日曜日に、お金払って、いろんなセミナーに行くことが多いです。

勉強系然り、経営系然り。

 

で、有料なので、そこでもらった資料を、

たいして仲良くない知人(←笑)なんかに

「えーどんなんやったん?レジュメ見せて~」とか言われると

 

「こっちはお金払って行ってんねんぞ!ただで学ぼうとすんなや!」

みたいにいやがる人も一定数います。

 

 

でも、シンツバ先生のセミナーはいつも「どんどん発信していこ」主義。

今回も、ノートに書くぐらいならつぶやいてくださいってかんじだったので

みんなどんどんつぶやきます!

 

 

 

 

 

 

タグがちょっと違ってても気にしない(*´▽`*)笑

 

 

その場にいるみなさんが、今どんなことを感じていて

どんな想いを共有できているのかが手に取るようにわかる、このセミナー。

めっちゃすごい仕掛けやなー!と思いました。

 

 

だって、セミナーの参加者同士って、そんなにしゃべらないですもん。

せいぜい実技のときにちょっと絡むぐらい。(普通はね)

 

でもここが違うんだよなー。

すごく連帯感・一体感がありました!

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821090718j:plain

シンツバ先生のお話は、

鍼灸業界でSNSを使って成功してる事例って、まだそこまでないよね?

という導入から。

 

前例がないなら、他業種から学ぶっきゃない!てことで

Ameri VINTAGEさんというアパレル業界の会社を例にあげて解説。

amerivintage.co.jp

 

こちら、参加者さんとのやりとりもあって、さすがの進行!

シンツバさんって塾の先生とかもできそうやなあと勝手に思ってました(n*´ω`*n)

 

 

スライドが新しいものに変わるたびに、場内に鳴り響くスマホのシャッター音。

これ、ほんとに楽しくて、新しいな~!ってわくわくして見てました。

 

 

SNSにもいろいろ種類がありますが、

InstagramTwitter、LINE@、それぞれの使い分け。

そして理想のホームページの内容、更新頻度、などなど・・

 

とにかく伝わってきたメッセージは「圧倒的顧客目線」ということ。

 

 

・来院前に、患者様の不安をすべて解消する

・施術者の人柄や得意なことが伝わる発信内容

SNS上で理想的な導線をデザインする

 

 

これって、ほんとにどんなサービスにおいても超大事なんですよね。

 

伝えているつもりでも伝わっていないこと、日常でもたくさんあります。

でもそこで

「いや、こっちは伝えてるし!伝わってないのは受け手の問題でしょ」って

思っちゃダメ。

 

どうやったらちゃんと伝わるか、なんで伝わらなかったのかを考えて

常にアップデートしつづけることの大切さ。

 

 

わたしが魅力的だと感じる人やモノたちは

これを徹底的にやっているからなんだなーと、すごくすごく腑に落ちました!

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821092345j:plain

 

そして最後に

 

 

やりたいことやろうよ、というメッセージ。

 

 

これはほんとに、当たり前のようで、けっこう縛られている人多いんですよね。

やりたいことよりも、すべきこと・儲かりそうなことが優先されてしまっているケース。

これじゃー楽しくない。

だし、うまくいきにくい。

 

 

そういう意味でも、自分の棚卸し作業っていうのは必要だなと思います。

わたしは、けっこう昔から自分と向き合うのが好きで

定期的に、自分でも日記読み返すし、友人ともしゃべって、「気づき」を得ます。

 

わたしってこういう人間なんだな、というのを感じて生きてます。

 

でも、

世の中、自分についてそこまで深く考えずに生きてる人も多い。

そして、好きなこと・苦手なことに気づいてないから

心のままに動けてなくて、疲弊しちゃってるケース・・けっこうある。

 

 

まずは、

自分ってどんなんだ?ってとこから考えるとうまくいくのかもしれないな。

 

 

マハトマ・ガンジーさんのありがたいお言葉で、シンツバパートは終了。

つづきまして~!

 

ゆう先生による、美容鍼の基礎理論。

 

とっても丁寧なスライドと説明に、みんな発信する手が止まらない!

 

そのあとは、お待ちかねの実技デモ。

 

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821094450j:plain

皆さん、めちゃくちゃまじめに動画撮影中。

こんなプレッシャーの中、気持ちよい施術ができるゆう先生、ほんとに尊敬です・・!

 

ゆう先生は、鍼灸師だけでなく

指圧・あん摩・マッサージ師という国家資格もお持ちなので

指先の使い方がほんとに繊細で、見てるだけで気持ちよくなる魔法のような手技。

 

美人で、鍼とマッサージ気持ちよくて、しゃべってもめちゃ優しいいい人。

ずるい!てかんじです笑

わたしもがんばろ・・。

 

 

そのあとは、ペアを組んで実技練習。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821094915j:plain

 

ゆっくりと各ベッドをまわって、おひとりおひとりの疑問に丁寧に答えるゆう先生。

めっちゃ素敵♡

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821100544j:plain

一人の参加者さんが、いっぱい質問してて

「すみません、なんか、いっぱい聞いてしまって」って謝ったら

 

「いやそんな!ほっとかれるより全然いいです!ありがとうございます!」

答えてはってめちゃおもろかったです笑

ゆう先生は全身全霊でいい人オーラ出てるからすごい。

 

 

 

 

 

参加者さんの満足度も高い!

 

 

えみすけは写真ばっか撮ってましたが、いつか東京に行って

ゆう先生の施術フルで受けたいと思いますっ。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821082915j:plain

 

13時から16時半までガッツリの美容鍼セミナー。

ほんとにほんとに、皆様おつかれさまでした。

そしてありがとうございました!

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821095556j:plain

受付を務めてくださった、こものガールズの樋口せんせとぱるる先生。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821095710j:plain

今回のセミナーを企画してくださった勝元先生と、事務局のクラシゲ先生。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821095811j:plain

当日朝までいろいろと動いてくれて、学校との間もとりもってくれたリョータくん。

 

皆様ほんとうにほんとうに、ありがとうございました!!

 

鍼灸クラスタのメンバーも、一堂に会することができてうれしかったです♪

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821100026j:plain

大阪、池田市の絵描きさんといえば!シータオ先生。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180821100109j:plain

専門学校の同級生さきちゃんと、知り合ってすぐに超仲良しになったさまんさ。

 

 

講師のおふたりには全身全霊の愛をこめて♡

 

 

そしてこのあとの懇親会は、なんと150人が参加するという

すっごい規模の飲み会・・!

それについてはまた別記事でー(*^^*)

子どもの口内炎の対処法!「刺絡(しらく)」で痛みをやわらげよう

数日前の夕方、近所に住む仲良しママ友さんから連絡がきました。

 

「子どもが舌に口内炎できたみたいで、痛い痛いっていうんだけど

お灸してあげるのに、どこかおすすめのツボはある?」

 

 

実はこのお子さん、前にも何度か口内炎ができたことがあって

鵞口瘡(がこうそう)というのも経験されています。

 

※鵞口瘡とは、口腔内カンジタ病ともいわれ、真菌(カビ)が原因による口内炎の一種です。

 

口内炎には労宮(ろうきゅう)というところがいいよー!」

とお伝えして、様子をみてもらうことに。

労宮は、手のひらのまんなか、グーと握りしめたときに中指が掌につくところです。

 

 

そしたらその夜、とても困った様子でもう一度連絡がきました。

 

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180202075738j:plain

「さっき寝かしつけしたんやけど、痛い痛いって、泣いて起きてきたの。

ただの口内炎でこんなに泣くもんかな?と不安になって・・。

いま、すごいわめいてて、わたしも心配で。

 

こんな時間に申し訳ないんやけど、

前やってもらった“刺絡(しらく)”っていうのを今からやってもらえないかな」

 

とのこと。

 

 

刺絡についての記事はこちらから↓

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

emisukeharikyu.hatenablog.com

 

以前も、このお子さんが口内炎で困っていたとき

刺絡をするとすぐに症状が緩解したのを、ママ友さんは覚えていてくれていたのです。

 

 

ただその日はもう仕事も終わって帰宅していたため、

わたしは刺絡セットを持っていませんでした。

 

すぐに夫に連絡して、

「かえってくるときに刺絡セット持って帰ってきてー」とお願いし、

こどもたちを寝かしたらママ友さんのおうちにお伺いする準備をしていました。

 

 

 

結局その後、

ママ友さんは「こども緊急ダイヤル」みたいなところに電話して

夜間の小児科の救急にお子さんを連れて行ったそうです。

 

23時ぐらいに帰宅して、なんとかお子さんも眠れたみたいなので

「明日朝イチでかかりつけの小児科に連れて行くわ」と連絡がきました。

 

なので、わたしもその小児科受診のあとに、刺絡だけしに行く約束をしました。

 

 

 

翌日、小児科から帰ってきたママ友さんとお子さんに会うと

お子さんはにこにこ機嫌がよかったです。

 

どう?と聞くと、

「昨日よりましみたい!でも物が食べられへんから困る・・」

とのこと。

 

小児科でもやはり診断は「ただの口内炎で、「日にち薬しかない」

言われたそうです。

 

 

そこで、さっそく刺絡をやってみることに!

 

 

ただ、お子さんは前に刺絡をしたときの記憶がなく

「なにそれ?こわい・・!」ってなってしまったので、大号泣で逃げ回る。

 

 

「いたくないよー」って言っても無駄で、

とにかく「いや!しない!やめて!」の一点張り。

ついには泣き出してしまいました(´;ω;`)

 

「がんばってやったら、夕方にはアイスぐらい食べれるようになるかもしらんで」

とママ友さんが呼びかけますが、効果はなし。

 

 

本来、あまりにいやがるお子さんに無理やり施術することはないので

「どうする?」とママ友さんに聞いてみました。

 

 

「でも、良くなるかもしれへんのんよね?」と聞かれたので

「良くなるのは確実に良くなるよ」と答えると

 

「そこまで言い切れるんがすごい・・!じゃあやっぱりやってほしい!

食べられへんのん、かわいそうやし」

と、むりやり押さえつけてる間にササっとやっちゃおう作戦になりました。

(このあとお仕事もあったので、時間もそんなになかった)

 

 

いやがって暴れるお子さんに

「ごめんなー!すぐおわるから!」といいながら刺絡をしました。

 

おわったあともすっごい泣いてましたが、

とにかく無理やりにしたことを謝って

もう嫌な奴は早く視界から消えよう・・笑と、お暇してきました。

 

 

 

その数時間後、

「あのあと大丈夫やった?よけいに大変になってない?」と連絡すると

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180202075810j:plain

「今はもうけろっとしてご機嫌であそんでるー!

そしてなんか

“お昼はとんかつ食べに行こう”とか言い出して、今は焼きそば食べてるねん。

え??????

食べれるんかい????って思ったわ!笑

こんなにすぐに効いたりするものなのかな?」

 

ってお返事きました。

 

なので

「よかったー^^いややったけど、がんばって受けてくれたおかげやね!

刺絡は即効性があるんやよー」って返しときました。

 

 

そのあと、結局ほんまにトンカツ食べたそうで、ママ友さんもすっごい驚いてました。

 

「もっと早く刺絡を思いついてたらよかった」

「夜とか、お休みの期間やったのにほんとにありがとう」

 

って言ってもらえました。

 

 

 

お子さんの体調って、大人と違って急変することが多いんですよね。

そのとき、親はとにかく心配で、おろおろするしかない、と思うんです。

 

お薬があればいいですけど、薬が効かない症状もあるし。

 

でもそんなときに、「鍼灸」が身近にあったら・・

わたしはすごく、親の気持ちがらくになることを知ってます。

 

 

子育て中のお母さんたちが困ったときに

「あ、あの先生に聞いてみよう」って相談できる鍼灸師がもっと増えたら

ぜったいもっともっと子育てしやすい世界になります。

 

 

小児科とはまた違ったかたちで

お母さんたちをサポートできるように

これからもがんばります^^

 

 

それにしても、ご飯食べられるようになってほんとによかった♪

もし身近に口内炎で困っている人がいたら

ぜひ鍼灸をおすすめしてあげてくださいねー(*^^*)

小児はりに通いだして1年経ったら、性格にまで変化があった男の子のお話

突然ですが、わたしは

鍼灸施術はその人の人生を変えられる」と思って、日々臨床にあたっています。

 

体調がいい、ということはゴールではないからです。

 

健康な体・健康な精神とは、

その方が何らかのことを為すために必要なツールであって

不調のために、可能性や選択肢の幅が狭まってはいけないと思うのです。

 

 

今日、まさにそのことを痛感する体験をしました。

 

 

 

うちに通院してちょうど1年になる、年長さんの男の子。

今日で43回目の施術です。

 

その子のもともとのお悩みとしては、

 

  • 小児ぜんそく(1歳8カ月頃から発症。ひどいときは毎月発作が出る)
  • 夜泣き・夜驚症(特に強く叱った日や、なんらかのストレスを感じた日は確実に起こる。昨年は毎日出ていた)
  • ねつきがわるい(でも早く寝たら夜中に目を覚ます)
  • 食欲がなく、体重がなかなか増えない。身体が細っこい
  • 短気で、よくかんしゃくを起こす
  • 季節の変わり目に蕁麻疹や湿疹がでる
  • 慢性的な鼻炎で、寝る前に鼻づまりや鼻水が出やすい
  • かぜをひきやすい
  • 頭痛を起こしやすい
  • 腹痛を起こしやすい、胃腸炎にもよくなる、よく吐く

 

 というものがありました。

 

初診の日、お子さんの身体を拝見して、

東洋医学の観点からいろいろとご説明をさせていただくと

ぴったりと診断とあてはまっている、とお母様が納得されたのを覚えています。

 

「子どもは性格がとっても怖がりで、自信のあることにしか挑戦しないんです」

と話されていました。

 

小児はりに通ううち、

台風が近づいてもぜんそく発作が出なくなり

夜泣きが出なくなり、食欲が増してきました。

そして鼻の調子がよくなり、ぜんそくの吸入の頻度が減りました。

 

そのうちに、わたしがご自宅でできるセルフケアをお伝えすると

お母様がお灸を購入されて、

毎晩、ご自宅で親子でお灸をされるようになりました。

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180809152051j:plain

これは、その時送っていただいた画像です。

 

「親子でお灸を楽しむ時間は、とっても良いコミュニケーションの時間になっています」とおっしゃっていただき、わたしも嬉しかった。

 

そして、

だんだん、小児科に通院するのがめんどくさく感じられるほどに

鼻水があんまりでなくなりました。

 

腸炎になっても、親は長引いたのに、お子さんは半日で全快。

お母様が、日々おうちでお灸をしてくれるので

うちに来るまでの間にたいていの症状は軽減するようになりました。

 

 

近所に住むおばあちゃまは、お孫さんを見て

「こんなによう食べる子やったかな?」とびっくりされたそうです。

身長も体重もぐんぐんのびて、習い事にもさらに精を出されていました。

 

 

気がつけば、今年の3月から、ぜんそく発作は一度も出ていませんでした。

 

今回の台風13号の接近により、少しぜんそくのような症状になりそうかな?と

気づいたお母さまが早めに円皮鍼(鍼のついたシール)を咳のツボに貼ってくれて

そのまま発作は出ずに過ごしているそうです。

 

もうこれだけでも、

ほんとうに身体が強くなったんだなと実感するエピソードがたくさんなのですが

今日、お母様から聞いたお話は特に感動しました。

 

f:id:nagasaki-harikyusekkotsuin:20180809160815j:plain

夏休みなので、数日間、お母様が水泳の講習の予定を入れて

男の子に受けさせたそうです。

 

その子は初めてそこに習いにいったのですが

 

身長が大きめだったこと、お肌がよく日焼けしていることなどから

指導の先生(高齢のおじいさん先生)が男の子を【経験者】だと判断したようで、

 

クロールができない男の子のことを、

そらもうボロカスに叱りたおしていたそうなんです。

 

 

当然、初めて習うはずの指導なのに、できなくて当然なのに、

厳しく言われ続けたその子は、ついに悔し涙を流したそうです。

 

それを見ていたお母様は、

「あーこれ今日はぜったい夜泣きするな」と覚悟したんだとか。

 

でも、その日、男の子はぐっすり眠りました。

 

お母様も、夜泣きのスタンバイして待ってたそうなんですが(笑)、

朝までこんこんと眠りつづけたことにまずびっくり。

 

そして、それだけいやな想いをしたから「もういくのやめる」って言うかなと

思っていたら・・

ちゃんと翌日も自主的にプールに行ったそうです。

 

 

ちなみに初日の終わり、おじいちゃん先生が

【男の子は未経験者】ということに気づいたそうなんですが

特にそれで謝るということもなく

相変わらず翌日も、厳しい指導が続いたそうです。

 

レッスンが終わって、全体でさようならの挨拶をして、

みんながぞろぞろと更衣室に向かう中、

 

その子は一人だけもう一度先生のところに戻っておじぎをして

「あしたもよろしくおねがいします」って挨拶したそうです・・!

 

これを見てお母様もびっくり。

ちょっと笑ったそうです(笑)

 

もちろんその日も夜泣きなく、ぐっすり寝ました。

 

 

そして今日は、

ちょっとその怖い先生と笑顔でお話するぐらいまで仲良くなって

クロールで息継ぎして、12mぐらい?泳げるようになったんだとか・・!

 

 

もうね、わたし、ほんま感動しました。

お話聞いてるあいだじゅうずっと、鳥肌がたって仕方なかった。

 

 

悪いけど、うちの子なら、即、初日でやめてる案件です(笑)

 

 

そんなに厳しい指導を受けてもへこたれなかったこと、

そしてきちんと技術も習得したこと、

夜泣きもせずにごはんもしっかり食べて、健やかに過ごしていること。

 

まさに、心・技・体すべて備わっていますよね。

 

お母様も

「最近あの子は、人が変わったみたい。今までならたぶんくじけていたことも、

果敢にチャレンジするようになったし、失敗しても負けない気持ちをもつようになった。臆病さがなくなってきて、自信が身についている気がする」

っておっしゃっていました。

 

 

もちろん、お母様の子育てが素晴らしいのは言うまでもないことなのですが

やっぱり、

身体がかわれば精神も変わるんだなあと、改めて思えたのです。

 

 

 

今回のお話は、お子さんの例でしたが

こういう変化って、大人でも同じなんです。

 

鍼灸施術を受けていると、考え方に変化が表れたり

今まで挑戦しようとも思わなかったことにチャレンジしたりするようになります。

 

それは、身体の状態がととのったことによって

精神にも良い影響があったからに他なりません。

 

健全な精神は健全な肉体に宿る、といいますが、ほんとにそのとおり。

 

マイナス思考だな、ネガティブな考えしかうかばないな・・というときには

身体をゆるめてあげましょう。

身体と気持ちは表裏一体。ほんとにつながっていますから。

 

 

今回は、わたしが鍼灸師になってよかったなあとほんとに素直に思える

エピソードだったので、お母様に許可をいただいて

ブログに掲載させていただきました。

ありがとうございましたー!!!

 

 

ちなみにえみすけは運動ぜんぜんできないので

もちろんクロールの息継ぎもできません。

中学校のときは息継ぎなしで25m泳いでました(吹奏楽部部長の気合い)。

 

 

いやあだからほんま、すごいですよね(なんの話ー!)。